「高知野菜の夜明けぜよ in 横浜赤レンガ倉庫」2月7日(木)~2月10日(日)期間限定開催

PR TIMES / 2013年2月7日 11時19分

環境保全型農業、エコな野菜作りを再現

この度、園芸こうち販売促進事業実行委員会(高知県・高知県園芸連・JAグループ高知)は、2013年2月7日(木)~2月10日(日)の4日間、「高知野菜の夜明けぜよ in 横浜赤レンガ倉庫」を開催いたします。



この度、園芸こうち販売促進事業実行委員会(高知県・高知県園芸連・JAグループ高知)は、2013年2月7日(木)~2月10日(日)の4日間、「高知野菜の夜明けぜよ in 横浜赤レンガ倉庫」を開催いたします。本イベントは、全国有数の園芸産地、高知県で行われている環境保全型農業の魅力と高知県産園芸品のすばらしさを知ってもらうことを目的とし、人と地球にやさしい野菜づくりをビニールハウス内に再現します。昨年、第1回目を開催し、大変ご好評をいただきました。2回目の開催となる本年は、ビニールハウスだけでなく高知県駅前の坂本龍馬像が高知県農業と観光PRのため、横浜赤レンガ倉庫に脱藩して来ます。その他、高知野菜の即売会、しょうがのホットドリンクや野菜料理の試飲・試食、横浜赤レンガ倉庫2号館3階の カフェ「chano-ma」では、高知県産の新鮮な野菜を使った期間限定メニューを提供します。


■開催概要■

【名称】      高知野菜の夜明けぜよ in 横浜赤レンガ倉庫

【開催期間】    2013年2月7日(木)~2月10日(日)

【会場】      横浜赤レンガ倉庫(イベント広場-A・神奈川県横浜市中区新港1丁目1番)

【主催】     園芸こうち販売促進事業実行委員会 (高知県・高知県園芸連・JAグループ高知)

【一般入場料】  無料

※2月9日(土)10:30には、高知県の尾崎正直(おざきまさなお)知事の挨拶を予定しております。

■環境保全型農業とは■

高知県では、化学肥料や農薬の使用を減らし、自然環境や生態系にも配慮した「環境保全型農業」に取り組んでいます。例えば、害虫退治には農薬を使う代わりに、高知県の野山に生息している、害虫を食べてくれる天敵昆虫をビニールハウスに取り入れ、害虫退治に役立てます。害虫にとっての敵であることから、これらの昆虫を「天敵」と呼びます。その他、害虫の侵入を防ぐ「防虫ネット」、蛾の光に対する習性を利用した「黄色防蛾灯」などを利用した栽培を行っています。更に、有機資源を利用した堆肥の使用や省エネルギー対策等も推進しています。

■「高知野菜の夜明けぜよ in 横浜赤レンガ倉庫」コンテンツ概要■

・高知県で収穫真っ盛り、旬の野菜の畑を再現

高知県の米なす、ピーマン、ししとう、トマト、メロン、スイカの実際の株をビニールハウス内に展示し、高知県の環境保全型農業の取り組みを再現いたします。また、子ども達とともに家族で楽しめるよう、天敵昆虫の観察やクイズを実施します。

・横浜赤レンガ倉庫に小さな灯り。夜はビニールハウスが黄色く光る

「黄色防蛾灯」は、黄色い光を苦手とする蛾の性質を利用した、環境保全型農法の一つです。蛾の成虫の目は、夜よく見えるように適応しています。そのため特に黄色い光を苦手とし、ビニールハウスに近づけなくなるのです。夜間はこの技術を再現し、ビニールハウスが黄色く光ります。

・高知野菜と果物の即売会も実施

太陽をいっぱい浴びて育ったおいしい高知県産の野菜と果物をその場で販売いたします。

当日販売する野菜と果物は、フルーツトマト、土佐文旦、土佐鷹なす、米なす、ピーマン、しょうが、ししとうなどをご用意しております。

・カフェで実際に高知野菜の限定メニューが食べられる!

2月5日(火)~2月13日(水)の9日間、「高知野菜の夜明けぜよ in 横浜赤レンガ倉庫」と連動して、横浜赤レンガ倉庫内のレストラン「chano-ma」で高知野菜を使ったベジタブルメニューを提供します。

・高知文旦と生姜のホットジンジャー(価格:600円)

・土佐のルージュごはん 豚汁付き(価格:850円)

・高知茄子のぴり辛ジャージャーごはん(価格:850円) 

・高知文旦ときゅうりの胡麻つけうどん(価格:850円)

・高知日高村シュガートマトと苺のみるくヨーグルトパフェ(価格:800円)

・高知のごはんセット(価格:1850円)

・高知のデザートセット(価格:1200円)


■坂本龍馬像の登場について■

・高知県駅前の三志士像 (坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎)

今回イベントに登場する坂本龍馬像は、J R高知駅南口に設置されている土佐勤王党三志士像(坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎)の坂本龍馬像を横浜赤レンガまで移動させ、設置いたします。この三志士像は、土佐勤王党結成からちょうど150年にあたる2011年に設置され、 観光イベント「志国高知 龍馬ふるさと博」の新パビリオン開館記念式典の際にお披露目されました。高さは約5.3メートル、台座を入れると8メートル以上で、左から武市半平太、坂本龍馬、中岡慎太郎の順に横一列に並んでいます。高知市桂浜に建つ本物の龍馬像とは、ひと味違った記念撮影ができるということから、観光客の皆様にも大変好評をいただいています。

・坂本龍馬像の移動に向けて

高知駅前の坂本龍馬像が他府県に移動するのは今回が初めての試みです。移動はトラックによって2月4日(月)から行われます。本イベントのために龍馬像が不在の高知駅前には、期間中「神奈川県横浜市・赤レンガ倉庫へ脱藩中」として、立札を設置し、県民および観光客にアピールしております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング