広告効果を向上し、顧客のアクションを引き出す広告体験プラットフォーム

PR TIMES / 2013年2月13日 15時52分

「広告+(コウコクプラス)」をスマートフォン向けアプリとして提供開始

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)は、
グループ企業である株式会社博報堂プロダクツ(東京都江東区、代表取締役社長:安藤輝彦)と
株式会社博報堂アイ・スタジオ(東京都江東区、代表取締役社長:平林誠一)とで共同開発した、
スマートフォンを従来の広告に“かざす”だけで、様々な詳細情報やサービスコンテンツをユーザーに提供する
広告体験プラットフォーム「広告+」を2012年2月18日にサービスインし、iPhone用アプリの提供を開始します。



「広告+」は、無料でダウンロードできるiPhone用アプリを用いて、

TVCM、新聞や雑誌の広告、野外の看板、ポスター、パッケージなどに

iPhoneをかざして画像認識させることにより、自動で広告主が指定するWEBコンテンツを表示し、

閲覧者に便利な情報や特典などを提供できるプラットフォームです。
本プラットフォーム及びアプリは、広告主により詳細なサービス情報を発信する機会を創出し、

ユーザーは楽しみながらより深い情報を取得できる、広告効果を向上するソリューションです。


「広告+」の主な特徴は以下のとおりです。

(1)最新の画像認識技術※1の利用により、広告主が掲出中の広告出稿のス タイルを変えたり、

広告にQRコードや特別な画像を新たに付加することな く、「広告+」に現在出稿している

広告情報を登録するだけでサービスが利用できます。

(2)映像を含めたあらゆる広告を対象とすることが可能です (音声認識には対応していないため、

ラジオ広告は対象外となります)。

(3)スマートフォンのGPS機能等の活用で、ユーザーが広告に接触した時期や場所に応じ、

最適なサービスや情報を提供・発信することが可能 です。 つまり、同一の広告物からであっても、

時期・場所によって異なるサービスコンテンツを提供することができます。


博報堂はサービスイン後も、広告主、ユーザー双方の視点から広告の価値に大きな“プラス”を与え、

広告の持つパワーを拡大するプラットフォームとして、

本サービスのさらなる技術と有効性向上に努めてまいります。


※1. NECの画像認識技術「GAZIRU」について
NECが開発した高い認識精度を誇る画像認識サービス。

今回の「広告+」では、スマートフォンをかざすだけで、

予めクラウド上や端末内に登録した画像の特徴データを高速に照合することが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング