-20代~60代男女3000人に聞きました-電子決済の活用は節約・貯蓄につながる

PR TIMES / 2013年2月28日 14時50分

スマートマネー派はライフスタイルもスマートという傾向が明らかに



ビザ・ワールドワイド(以下Visa、 代表取締役:岡本和彦、所在地:東京都千代田区)は、2013年1月、全国3,000名の男女を対象に、「電子決済の利用と貯蓄に関する調査」を実施しました。

 Visaの委託を受け、株式会社楽天リサーチが実施した本調査では、少額でも積極的に電子決済を利用している「スマートマネー派」(※1)1,500人と、少額決済手段が主に現金の「現金依存派」(※2)1,500人を対象に調べたところ、次のような結果が明らかになりました。
 ・ 2012年度の世帯年収に対する貯蓄の割合は、「現金依存派」よりも「スマートマネー派」が5.7%上回る。
 ・ 「スマートマネー派」は「現金依存派」よりも電子決済を上手に活用し、効率的に節約や支出管理を行う。
 ・ 生活におけるエコ意識や時間管理に対する意識は「スマートマネー派」の方が高いという傾向。

 今回の調査結果について、消費生活に詳しいファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんは、「スマートマネー派が現金依存派よりも、収入に対する貯蓄の割合が高い、という背景には、多様化している電子決済方法を活用して、ポイントを貯めるだけではなく、日頃の家計管理ツールとして活用することで、予算の計画的な利用ができているからと考えられます。また、電子決済を活用しているユーザーの特徴としては、ライフプランを見据えた貯蓄をしており、比較的お金や生活に対する意識が高い傾向があります。こうした傾向が高い貯蓄率にもつながっていると考えられます」とコメントしています。

※1 スマートマネー派:普段、買い物や公共料金などの支払いに利用している決済方法として、「プリペイド式電子マネー」、「後払い式電子マネー」、「デビットカード」、「おサイフケイタイ」、「クレジットカード(4000円未満の利用者)」を選んだ回答者。(プレ調査で4000円はクレジットカードを利用するかどうかの分岐点だった)
※2 現金依存派:普段、買い物や公共料金などの支払いに利用している決済方法として、「現金」、「口座引き落とし」、「クレジットカード(4000円以上の利用者)」を選んだ回答者。

「2012年度の貯蓄率」、「スマートマネー派」は貯蓄上手
 20代から60代の男女(n=3000)の、世帯収入に対する平均貯蓄率は、「スマートマネー派」が18.9%と、「現金依存派」の13.2%を5.7%上回っており、性別に関係なく同じ傾向が見られます(参照表1.)。年代別における比較でも同様に、「スマートマネー派」が「現金依存派」の貯蓄割合を上回る傾向が見られます(参照表2.)。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング