「HDEメールサービス for Google Apps」がマーケットシェア77.4%(メールアーカイブツール)、73.3%(メール暗号化/誤送信防止ツール)を獲得

PR TIMES / 2013年4月8日 10時57分

~富士キメラ総研のGoogle Apps対応メールセキュリティ市場調査~

株式会社HDEは株式会社富士キメラ総研が発刊した「富士マーケティング・レポート・BT“クラウド型コラボレーション系サービス及び周辺ビジネス市場動向”」のGoogle Apps対応メールセキュリティ市場において「HDEメールサービス for Google Apps」が2012年の出荷金額ベースで77.4%(メールアーカイブツール)、73.3%(メール暗号化/誤送信防止ツール)のマーケットシェアを獲得したことを発表します。



本レポートでは2013年のGoogle Apps対応メールセキュリティ市場は前年比200%になると予想しています。当該市場の成長要因として、1.クラウドサービスの利用が拡大していること2.法規制(輸出入に係る取引の関係書類を電子メールなどでやり取りした場合の保存義務)3.情報セキュリティ強化の動き(Pマークなど)4.メール誤送信対策の必要性拡大 5.セット導入の増加(メールアーカイブ、メール暗号化/誤送信ツール)があげられます。


出典、参考:株式会社富士キメラ総研(https://www.fcr.co.jp/btc/bt1302.htm
「富士マーケティング・レポート・BT“クラウド型コラボレーション系サービス及び周辺ビジネス市場動向”」

□ HDEメールサービス for Google Appsとは(http://www.hde.co.jp/cloud/ga/
Google Appsと連携しメール誤送信対策、情報漏えい対策、メール監査、メール暗号化、大容量ファイル転送、などの高度なメールセキュリティをクラウド上で提供するサービス。Google Appsの導入からサービスの連携などの運用までワンストップでHDEが提供します。


<株式会社HDEについて>
クラウド・セキュリティ分野の製品を包括的に開発・販売するクラウドセキュリティソリューションカンパニー。

・ 商号:株式会社HDE 
・ 代表取締役社長:小椋一宏 
・ URL:http://www.hde.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング