専門家も注目、「ミネラル入り麦茶」の熱中症対策効果 「ミネラル入り麦茶」で水分・ミネラルを補給し、『体温を下降』! 『血流さらさら効果』で水分不足による“血液ドロドロ”の対策にも

PR TIMES / 2013年5月20日 10時17分

赤穂化成株式会社(兵庫県赤穂市)では、気温が上昇し、熱中症の懸念が高まる夏を前に、「ミネラル入り麦茶」の熱中症対策効果についてレポートいたします。



■レポートサマリー
【1】熱中症による救急搬送の状況
これからの季節に心配な「熱中症」ですが、ここ数年で熱中症による救急搬送者が急増しています。
特に、幼児や高齢者は熱中症になりやすいとされるため、より注意が必要です。

【2】「ミネラル入り麦茶」の熱中症対策効果
熱中症は、水分やミネラル不足により体温の調整機能が破綻し、身体に熱がこもることから引き起こされます。熱中症対策には、水分とミネラルを十分に補給することが大切です。そこで注目したいのが「ミネラル入り麦茶」です。「ミネラル入り」の麦茶であれば、水分とミネラルの両方を同時に摂取することが可能となります。

【3】臨床試験データ紹介
「ミネラル入り麦茶」の熱中症対策における有効性は、臨床試験でも明らかになっています。株式会社伊藤園、赤穂化成株式会社、ノザキクリニックの共同研究では、「ミネラル入り麦茶」を飲んだ30分後、被験者の腹部・胸部の体温が1.7℃下がりました。また、手先の体温には変化が生じなかったため、体幹部の体温を効果的に下げつつも、末端は冷やさないということになり、冷え性の方でも安心です。
さらに、暑くなると水分不足により血液がドロドロ状態になる懸念が高まり、夏の高血圧や心筋梗塞、脳梗塞の一因にもなり得えますが、同研究の結果、「ミネラル入り麦茶」を飲むことで「血流さらさら効果」が期待できることもわかっており、これらを未然に防ぐ対策としても有効です。

【4】専門家コメント(1):ノザキクリニック院長・野崎豊先生
日本の夏は湿度が高いため「熱中症」になりやすい環境であると言えます。麦茶は食品のため、「体温下降効果」「血流さらさら効果」などの作用が緩やかに作用し、身体を冷やし過ぎたりすることもありませんので、熱中症対策として、冷え性の方や、妊婦の方にも安心です。

【5】専門家コメント(2):河村循環器病クリニック院長・河村剛史先生
水分とミネラル補給は、一気に行うと血液内に吸収された時にしか効果がありません。少しずつ継続的に飲むことが重要です。また、「熱中症」は発生した当日の水分不足から起こるのではなく、数日前からの水分不足が原因で発生します。ですから、常日頃から十分な水分、ミネラル補給を心がける必要があります。


◇◇◇


【1】 熱中症による救急搬送の状況 
◆今年の夏も注意が必要!熱中症による救急搬送者が急増中 
昨年の猛暑も記憶に新しいところですが、今夏も暑さによる「熱中症」の危険性が心配されています。総務省消防庁の発表では、ここ数年で熱中症による救急搬送者数は急増しており、昨年7月は2万人を越え、同月としては2008年以降最多を記録(※)しています。
特に、地面の反射熱を浴びやすいうえに体温調整機能も未発達な幼児や、皮膚の温度感受性が鈍化し暑さやのどの渇きを感じにくく、かつ暑さに対する耐性も低下している高齢者は「熱中症」になりやすいとされるため、より注意が必要です。

※出典:総務省 消防庁「熱中症による救急搬送の状況」


【2】「ミネラル入り麦茶」の熱中症対策効果
◆熱中症には、水分+ミネラルの両方を摂取できる「ミネラル入り麦茶」がおすすめ                         
熱中症は、水分やミネラル不足により体温の調整機能が破綻し、身体に熱がこもることで引き起こされます。熱中症対策には、水分とミネラルを十分に補給することが大切です。そこで注目したいのが「ミネラル入り麦茶」です。

涼をとる飲み物として親しまれている麦茶ですが、江戸時代には「麦湯」と呼ばれ夏の風物詩として売られていました。明治時代には一般家庭でも麦湯が作られるようになり、昭和30年代に入ると冷蔵庫の普及に伴い、冷たい麦茶が飲まれるようになりました。麦茶はカロリーゼロ、カフェインゼロのため、子供から高齢者まで、安心して飲める健康飲料と言えます。

中でも「ミネラル入り」の麦茶であれば、水分とミネラルの両方を摂取することが可能です。身体は汗をかくことで体温を下げようとしますが、その汗には水分だけでなくミネラルも含まれています。暑さのために大量に汗をかくと、体内の水分やミネラルが不足して身体の調整機能が破綻してしまい熱中症を招きます。ミネラルは人間の体の中では作ることができないため、「ミネラル入り麦茶」を飲むことは熱中症対策として有効と言えます。


【3】臨床試験データ紹介
◆臨床試験でも実証済…「ミネラル入り麦茶」の「体温下降効果」                        
「ミネラル入り麦茶」の熱中症対策における有効性は、臨床試験でも明らかになっています。株式会社伊藤園、赤穂化成株式会社、ノザキクリニックによる共同研究の結果、「ミネラル入り麦茶」を摂取することで「体温下降効果」が期待できることがわかっています。同研究では、健常な男性4人に「ミネラル入り麦茶」と「ミネラルウォーター」を飲んでもらい、それぞれ飲用前と飲用30分後の体温変化をサーモトレーサー(赤外線熱画像カメラ)で測定したところ、「ミネラル入り麦茶」を飲んだ被験者の腹部・胸部の体温は1.7℃下がったのに対し、「ミネラルウォーター」を飲んだ被験者の体温は逆に0.6℃上昇しました。また、手先の体温には変化が生じなかったため、体幹部の体温を効果的に下げつつも、末端は冷やさないということになり、冷え性の方でも安心と言えます。

◆「ミネラル入り麦茶」の「血流さらさら効果」にも注目                      
暑くなると水分不足により血液がドロドロ状態になる懸念が高まり、夏の高血圧や心筋梗塞、脳梗塞の一因にもなり得えますが、同研究の結果、「ミネラル入り麦茶」を飲むことで「血流さらさら効果」が期待できることもわかっています。前述の研究によると、健常な男性4名が「ミネラル入り麦茶」と2種類の一般的な麦茶を飲んだ後に、一定量の血液が流れる時間を測定すると、「ミネラル入り麦茶」が最も血液流動性が高い結果となりました。

このことから、水分とミネラルが同時に補給でき、血流を促進させ、体温を下げる効果も期待できる「ミネラル入り麦茶」は、熱中症対策におすすめの飲み物と言えます。


【4】専門家コメント(1):ノザキクリニック院長・野崎豊先生
「ミネラル入り麦茶」の有用性について、前述の実験や研究にも参加したノザキクリニック院長・野崎豊先生は次のようにコメントしています。

◆日本の夏は「熱中症」になりやすい環境
日本の夏は湿度が高いため「熱中症」になりやすい環境であると言えます。「熱中症」は、水分やミネラル不足から体内の調整機能が破綻することで、身体に熱がこもることで発生します。
人には体温を下げる方法が2つあります。1つ目は、皮膚からの放熱です。外部の温度が低い場合、自律神経を介して末梢血管が拡張し、体の温度の高い部分から低い部分に血液を送ることで、体温を低下させます。2つ目は、汗をかき、汗の蒸発に
伴い熱を奪っていく場合です。しかし、外部の温度が高い場合は体温を下げることができず、また、外の湿度が75%を超すと汗は蒸発することができなくなります。そうなるとダラダラと汗が出るだけで熱を奪うことができず、脱水状態となり「熱中症」につながります。

◆身体を冷やしすぎることがないため、冷え症や妊婦の方でも安心
漢方医学の観点から「熱中症」対策として麦茶を飲むことはとても良いことだと思います。
麦茶に使われる大麦は「血を涼する」と言い、前述の調査結果で示されている通り、「ミネラル入り麦茶」は血液をさらさらにすることで血液の流れを良くし、身体の中の余分な熱を奪い体温を下げる効果があり、細胞を正常な働きに整えてくれます。なお、麦茶は食品のため、これらのことが緩やかに作用し、身体を冷やし過ぎたりすることもありませんので、冷え性の方や、妊婦の方にも安心です。誰でも飲める「歴史あるクールビズ ドリンク」と言えるでしょう。
また、アロマテラピーの世界では、大麦の焙煎した香りは、循環器に良いとされています。さらにリラックス効果により寝付きも良くしてくれる期待もできますので、寝苦しい夏の夜には麦茶を飲むことをおすすめします。
麦茶は胃腸が弱り、水分代謝が弱りやすい夏に最適な飲み物です。発汗により失われるミネラル成分を手軽に補給できる「ミネラル入り麦茶」は、血液さらさら効果や体温を下げる効果があるばかりでなく、発汗によって失われる成分を手軽に補給できることが研究からもわかっています。

▽野崎 豊先生
(ノザキクリニック院長)
日本小児学会認定医/認定産業医/日本体育協会公認スポーツドクター/日本東洋医学会 代議員/
漢方専門医/臨床ゲノムドクター


【5】専門家コメント(2):河村循環器病クリニック院長・河村剛史先生
また、循環器の専門医である河村循環器病クリニック院長・河村剛史先生も、熱中症対策におけるミネラル補給の重要性について次のようにコメントしています。

◆熱中症対策のためには、日頃から「継続的」に水分やミネラルを補給することが重要
日常生活で多い熱中症は、めまいや立ちくらみが起こり、大量に汗が出る状態です。その対策はコンスタントに水分とミネラルを補給することです。そのためには、特にマグネシウムをはじめとしたミネラルが含まれた「ミネラル入り麦茶」がよいでしょう。麦茶は、ノンカロリーで、カフェインが無く、日本人になじみ深いため熱中症対策としておすすめです。また、「ミネラル入り麦茶」には、血流を改善させる効果もあるので、夏の高血圧の原因のひとつである水分不足による血液のドロドロ状態から起こる心筋梗塞、脳梗塞などを未然に防ぐ手段としても有効です。

ただ、水分とミネラル補給は、一気に行うと血液内に吸収された時にしか効果がありません。少しずつ継続的に飲むことが大事です。また、意外に知られていないことですが、「熱中症」は発生した当日の水分不足から起こるのではなく、数日前からの水分不足が原因で発生します。ですから、常日頃から十分な水分、ミネラル補給を心がけてほしいと思います。

河村 剛史先生
(河村循環器病クリニック院長) 
日本循環器学会認定 循環器専門医/心臓血管外科名誉専門医
日本医師会認定 健康スポーツ医/産業医/健康スポーツ関連施設連絡協議会会長

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
▽このリリースに関するお問い合わせや取材、資料ご希望の方は下記までご連絡ください
トレンダーズ株式会社 担当:山口(やまぐち) TEL:03-5774-8871 / FAX:03-5774-8872
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング