~毛髪の悩みに希望のシグナル~日本皮膚科学会においてマイクロセンサー理論〈繊毛(せんもう)理論〉を提唱

PR TIMES / 2013年6月17日 9時27分

頭髪化粧品独自原料の発毛促進メカニズム解明にむけた研究成果



 ヘアケア、スキンケアに関する研究開発、および、総合サービスを提供する株式会社サラヴィオ化粧品(本社:大分県別府市 代表取締役社長:濱田拓也)は九州工業大学・情報工学部 安永卓生教授との共同研究で単離培養した毛乳頭細胞のシグナル伝達を司る一次繊毛(せんもう)の高分解能観察、および、定量化に成功しました。

更に、発毛メカニズムにおける繊毛の新しい役割を発見、繊毛制御シグナルの同定、および、分子機構の解明にも成功し、新規発毛機構としてマイクロセンサー理論を打ち立てました。

マイクロセンサー理論に基づいた商品開発も進め、その分子機構を証明しました。

 この研究成果を第112回 日本皮膚科学会総会<2013年6月14日(金)~16日(日)、パシフィコ横浜>において発表しました。


【研究の背景】
  毛乳頭細胞は発毛シグナルの司令塔と言われ、常にヘアケア研究の中心的存在です。毛髪のヘアサイクル(成長期―退行期―休止期)は、毛包細胞間のシグナル伝達(細胞増殖因子などのやりとり)によって支配されています。毛乳頭細胞における発毛シグナルの送受信に深く関与しているのが繊毛であると考えられています。
  サラヴィオ中央研究所では、発毛指令の立役者である毛乳頭細胞の分子機構の解明に取り組んでいます。今回、毛乳頭細胞の一次繊毛が毛母細胞(毛髪のもと)および線維芽細胞(毛髪の土台)の増殖の制御に関わることが明らかになりました。この制御に関わる増殖因子について、またミトコンドリア活性との関連についても解析を行いました。これらを総じて、マイクロセンサー理論(繊毛理論)を確立しました。さらに、マイクロセンサー理論に基づいて、当社が独自開発した化粧品原料(加水分解酵母エキス)についての機能評価も行いました。


【研究成果の概要】
(1) 単離培養した毛乳頭細胞の一次繊毛の蛍光顕微鏡観察、電子顕微鏡観察に成功
アセチル化チューブリン(繊毛マーカー)の免疫染色、および、蛍光顕微鏡観察により、培養毛乳頭細胞における一次繊毛の存在を確認しました。次いで、走査型電子顕微鏡を用いて細胞表面から飛び出した一次繊毛の姿を明確に捉えることに成功しました。

(2) 一次繊毛の長さ(繊毛長)の定量解析に成功
一次繊毛の高分解画像解析により、繊毛長を定量しました(2.2± 1.2μm)。

(3) 繊毛長の制御システムの構築
リチウムイオンを加えることで繊毛長を約3倍伸ばすことに、また、繊毛形成に必須の遺子発現を抑制することで一次繊毛をほぼ消失させることに成功しました。
この系の構築により、毛乳頭細胞の一次繊毛を介したシグナル伝達機構の解明に道が開けました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング