「第6回 介護作文・フォトコンテスト」 応募受付開始 ~心に残る介護エピソードを募集します~

PR TIMES / 2013年7月16日 17時2分

世界一の高齢大国 日本の介護について考えるコンテストが今年も開催!

公益社団法人 全国老人福祉施設協議会(会長:石川憲)は、今年で6回目になる
「介護作文・フォトコンテスト~心に残る介護エピソードを募集します~」を開催し、
介護従事者はもちろん、次代の介護を担う学生や、介護に携わった事のない一般の方の心にも残る、
温かい介護エピソードをスペシャルサイトにて本日より募集します。

【スペシャルサイト】 http://kaigo-contest.info




今や3人に1人が高齢者となりつつあり、世界一の高齢社会といわれる日本において、
介護業界を支える人材を安定的に確保していくことが喫緊の課題となっております。
厚生労働省によると、2025年までには、介護職員は、今より約100万人必要と推計されております。

そのような中、本コンテストを通じて、“尊さ”、“魅力”、“やりがい“のある介護の現場を
クローズアップしていくことで、過去5回、延べ8,000件以上の応募を頂き、
介護サービスへのイメージ向上、介護従事者の社会的地位向上、人材不足解消を図って参りました。
引き続き今年度も、今後さらに身近になる介護について、関心を持ち、
より深い理解をいただくことを目的に、“新成長産業としての介護”のご提案も込めて
本コンテストを実施いたします。

第6回目となる今回は、“心に残る介護エピソード”をテーマに、
これまでの【作文(エッセイ)部門】・【短文(ポエム)部門】・【フォト部門】に加え、
音や映像を通じて、更に介護を身近に感じ、これまで以上に関心を持って頂くために、
【ビデオ部門】を新設します。
また、昨年に続き、【作品(エッセイ)部門】・【短文(ポエム)部門】では、
「一般の部」だけでなく、介護福祉やそれぞれの専門分野を学ぶ学生を対象とした
学生賞を設けております。更に、コンテスト情報を発信するFacebook、
及びTwitterアカウントも開設し、次代の介護業界を担う若者を中心に、
幅広い層の方々に積極的に情報発信して参ります。

尚、介護ジャーナリストとして数々のメディアで活躍されている
小山朝子(こやまあさこ)さんをはじめ、多方面で活躍される著名人を
外部特別審査員としてお招きし、一緒にコンテストを盛り上げて頂く予定です。

<第6回 介護作文・フォトコンテスト>
スペシャルサイト : http://kaigo-contest.info
Twitter    : https://twitter.com/kaigo_contest
Facebook   : https://www.facebook.com/#!/kaigocontest?fref=ts

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング