2013年穫れたての紀州南高梅を使用した、日本で最も早い今年の梅酒!? 糖類無添加「梅酒ヌーボー」解禁! 

PR TIMES / 2013年7月16日 13時48分

「今年の青梅」を、「今年の新酒」で漬けるのが、「梅酒ヌーボー」 2013年7月19日(金)発売開始

株式会社南部美人(代表取締役社長: 久慈 浩)は、2013年7月19日(金)に、今年収穫された紀州南高梅の青梅を、日本酒(新酒)の麹の甘さのみで漬け込むことによって、日本で一番早く出荷することを実現。梅酒の“新酒”といえる糖類無添加『梅酒ヌーボー』を全国の酒販店と業務店で発売いたします。「梅酒ヌーボー」とは「今年の青梅」を「今年の新酒」で仕込んだ梅酒で仕込んだ梅酒。業界での新しい価値観であるこの「梅酒ヌーボー」を、弊社はどこよりも早い時期にご提案します。



通常の梅酒造りでは、アルコール度数の高い焼酎と大量の砂糖で梅を漬け込み、1カ月から半年ほどかけて梅の香りや酸味を抽出します。しかし、本商品は、漬け込みに全麹仕込みの日本酒を使用。砂糖を一切使用せず、麹由来の甘さだけを利用して、わずか1週間から2週間の漬け込みで梅酒に仕上げます。日本酒をつくる際の“一番しぼり”は、もっとも華やかで香り高いものですが、それと同様に長く漬け込んで梅の苦みや渋みが出る前に、梅の香りやさわやかな酸味だけを引き出すのです。なお、この製法は、当社と岩手県工業技術センターの共同開発によるもので、特許を取得しています(特許第4415072号)。

漬け込む梅には、梅の最高峰とも呼ばれる和歌山県産の南高梅(青梅)を使用。フルーティーな香りが特徴的です。フレッシュな梅の風味を活かすため、本商品は、エキス分を“澱引き”せずに無濾過の状態で出荷いたします。今年の新酒に、今年収穫したばかりの新しい梅酒のみを漬け込んだ、まさに今年の収穫をいち早くお楽しみいただける梅酒の『新酒』、“梅酒ヌーボー”です。

========================

【商品概要】

■商品名: 
糖類無添加 「梅酒ヌーボー」

■価格:  
720ml 1,700円
1,800ml 2,980円

■発売日: 
2013年7月19日(金)
※初回受注生産

========================


《参考》

■ 糖類無添加梅酒の新酒 『梅酒ヌーボー』 が、通常より圧倒的に早く味わえる理由

通常の梅酒造りに使われる焼酎と異なり、日本酒には麹由来のアミノ酸などエキス分が多く含まれるため、梅の香りや酸味を早くお酒に移すことができます。

当社が開発した全麹仕込み日本酒は、一般的な日本酒の5倍の量の麹を使ってつくるため、さらにエキス分が豊富。そのため、短い時間(1~2週間程度)で梅の成分を引き出すことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング