iPadと雑誌が連動!ポカリスエットの新感覚デジタル雑誌広告が登場

PR TIMES / 2013年7月18日 15時7分

【世界初!】手を触れずにタッチパネルが自動的に作動!

 



 


 大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本太郎)は、「ポカリスエット」から音楽ファンへの特別企画として、世界で初めて静電インクを用いた、手で触れていないのにiPad(※1)から音楽が流れる雑誌広告「POCARI MUSIC PLAYER」を7/20(土)発売の「Switch」( 2013年8月号)に、またプロジェクションマッピング(※2)のような光のアートが表現される新感覚の体験型雑誌広告「POCARI SWEAT EFFECT」を8/1(木)発売の「BRUTUS」( 2013年8月15日号)に、それぞれ掲載します。


1.夏フェスを盛り上げろ!「POCARI MUSIC PLAYER」 (URL: http://pocariplayer.jp/

 


「POCARI MUSIC PLAYER」は、「手で触れていないのに音が鳴る」という新感覚の音楽体験をすることができる、世界初のデジタル雑誌広告となります。「Switch」に掲載された雑誌広告ページのレコード型の部分を取り外してiPadで特設webページにアクセスし、そこに用意されたターンテーブルに紙を載せると自動的に楽曲とミュージックビデオが再生されます。「POCARI MUSIC PLAYER」は、「PIT System(※3)」と呼ばれる特殊な印刷技術を世界で初めて広告に採用しており、読者に見えない形で印刷された「静電インク」と液晶タッチパネルが反応し、音が鳴る仕組みとなっています。液晶画面を指で触っても反応せず、3枚のレコード型の紙を載せ換えると異なる音楽が流れはじめます。


 


iPad上で再生される音楽は、7月26日~28日に開催されるFUJI ROCK FESTIVAL’13(※4)の出演アーティストの中で、本企画の趣旨に賛同いただいた3組に楽曲提供をいただいています。実力派ポストロックバンドである「LITE」の『bond』、あらゆるルーツミュージックに根ざした独特のルーズサウンドが魅力の「光風&GREEN MASSIVE」の『櫻』、横浜出身の雑草系ヒップホップ&ラッパー4人組「STERUSS」の『go city blues』の3曲を、耳だけではなく、視覚的にも最新の音楽体験として楽しむことができます。「ポカリスエット」は毎年、日本を代表する4大夏フェスに協賛し、熱いフェス会場での熱中症対策や水分補給をサポートしていることから、今回このような音楽ファンに向けた特別企画が実施される運びとなりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング