兵頭デザイン、徳島県美波町にサテライトオフィス及び新会社を設立

PR TIMES / 2013年8月7日 13時42分

~既存分野の強化及び新規分野への挑戦に向けて~

株式会社兵頭デザインは、徳島県海部郡美波町にデザイン機能のサテライトオフィス、及び地域ブランディングを手掛ける新会社「株式会社Studio 23(スタジオ・ツースリー)」を設立いたします。



株式会社兵頭デザイン(本社:埼玉県朝霞市、社長:兵頭末男、以下兵頭デザイン)は、徳島県海部郡美波町にデザイン機能のサテライトオフィス、及び地域ブランディングを手掛ける新会社 「株式会社Studio 23(スタジオ・ツースリー)」を設立いたします。


【美波町進出の経緯】
兵頭デザインは、大手メーカー各社の企業ブランドや商品ブランドに関するフォントデザインや ロゴデザインを主要分野としながら、各種グラフィックデザインやプロダクトデザイン、また試作モデルの製作などを手掛けるデザイン会社です。

その一環として2012年5月にサイファー・テック株式会社が美波町に開設したサテライトオフィス「美波Lab(みなみらぼ)」のロゴデザイン制作を通じて同町と関わることにより、職場環境として既存分野の強化に、地域環境として新規分野の開拓にそれぞれ最適な地域であると判断し、このたびの同町への進出を決定いたしました。


【進出内容】~既存分野の強化および新規分野への挑戦~
(1) サテライトオフィス設立(既存分野の強化)
フォントデザインやロゴデザインをはじめとするデザイン業務は、デザイナー一人ひとりの感性が重要な経営資源と言えます。そうした中で海・山・川の大自然に囲まれた美波町は、デザイナーの感性を刺激し、そして一人ひとりの力を最大限に発揮するのに最適な環境であると判断して、同町にサテライトオフィスを開設することを決定いたしました。

所在地:徳島県海部郡美波町恵比寿浜字田井266番地
開設日:2013年9月予定


(2) 新会社「Studio23」設立(新規分野の開拓)
フォントデザインやロゴデザインは一度制作して完成ではなく、チューニング(微調整)を繰り返しながら、時代環境に適応させていくことが求められる分野です。

そうした中で、1970年代以降人口減少の一途をたどるとともに、青年期世代(15~24歳)の都市部への流出に伴う生産年齢人口(15~64歳)の減少や高齢者人口(65歳以上)の増加など典型的な過疎地域である美波町において、今まで培ったプロダクトブランディングのノウハウを 活用しながら、地域課題の解決に向けて現況に適応した地域づくりを展開することを目的に、地域ブランディング事業を手掛ける新会社として「Studio23」を設立いたしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング