武田鉄矢プロデュース 「アイドルプロジェクト」始動!

PR TIMES / 2013年8月16日 10時36分

楽曲担当:ヒャダイン氏、振り付け担当:パパイヤ鈴木氏という 最強の布陣で、 “歌って、踊れて、食べられる”アイドル“食べドル”を育成。

●東洋水産もスポンサーとして本プロジェクトに参加。
アイドルプロジェクトに奔走する武田氏の姿を描いた
「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」のテレビCM『本気のお願い』篇を
2013年8月19日(月)から全国オンエア開始



 俳優の武田鉄矢氏発案の、“歌って、踊れて、食べられる”アイドル=“食べドル”を育成する武田鉄矢プロデュース「アイドルプロジェクト」が2013年8月19日より始動いたします。

 武田鉄矢氏自らのキャスティングにより、楽曲にヒャダイン氏、振り付けにパパイヤ鈴木氏をそれぞれ指名。今までにない、アイドルと“食”との融合を目指し、本気でアイドルを育成します。

 武田鉄矢氏の新たな挑戦でもある、このアイドルプロジェクトの構想に東洋水産も賛同し、本プロジェクトに参加することにいたしました。


■プロジェクト発足の経緯
武田氏の「新しいことに挑戦し続けたい」「人を育てることで、自分を成長させたい」という想いから本プロジェクトは生まれました。武田氏が、自分の対極にある“アイドル”を育てることを決意し、 プロジェクトを立ち上げた経緯について、武田氏は次のように述べています。

 「この年になると、もっと新しいことに挑戦したい。挑戦して、もっともっと成長したいと考えるようになる。そのためにはどうしたらいいか。自分を成長させるために、一番いいのは人を育てることなんですよ。人を育てる事が自分を育てるんです。」【武田氏】

 「私は随分長いこと東洋水産の赤いきつねと緑のたぬきのCMに出演してきたけども、“食べること”を絡めて何かできないと思っていました。そこで考えたのが“アイドル”。“食べること”と“アイドル”は人を笑顔にできるという点で通じるものがありますよね。」【武田氏】

「赤いきつねも緑のたぬきも不思議なネーミングで、発売当時は異色だったが、今は当たり前の存在。そういう風に常識をひっくり返して、いつの間にかそれが常識になっている。そんなアイドルをつくってみたいんです。」【武田氏】
 
「ちょっとスポンサーさんにも無理を言ったといいますか、スポンサーさんを焚き付けたといいますかね、納得していただいた口説き文句は、食(しょく)という字は、人に良いと書いて、食(しょく)と読むんでございます。ぜひ、このひと文字に掛けてこのプロジェクトを成功させたいと思います。”と申し上げました。」【武田氏】

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング