博報堂グループの「コスモ・コミュニケーションズ」が提供する広告業界初の異業種コラボのプロデュースサービス『コラボ・コンシェルジュ』が東急ハンズとBEAMSの異業種コラボレーションを実現!

PR TIMES / 2013年8月8日 13時19分

今秋誕生、東急ハンズ新業態のライフスタイルショップ「WORK HANDS」のコラボレーションをプロデュース

 この度、博報堂グループの株式会社コスモ・コミュニケーションズ(本社:東京都港区南青山、代表取締役社長:枝廣宇人)が提供している、異業種コラボレーションをトータルプロデュースする、広告業界初のサービス『コラボ・コンシェルジュ』が、東急ハンズとセレクトショップ大手BEAMSの異業種企業コラボレーションをプロデュースしたことを発表します。



 『コラボ・コンシェルジュ』は、「ファッション企業/ブランド」と「一般企業/コンテンツ企業」との異業種コラボレーションのコーディネイトから、そのマーケティングまでを、トータルプロデュースするサービスです。「コラボしたいけれど、コネクションがない」という悩みを抱える企業と企業の仲介役となってマッチングを行い、商品開発、相互送客などを目的とした共同販促キャンペーン、売り場提供、新規事業・サービス開発などのビジネスマッチングの実現と、それに関わるマーケティング活動全体をサポートしています。今回の事例にとどまらず、今後もサービス事例を積極的に開発していく予定です。


■ 「東急ハンズ」と「BEAMS」のコラボレーション内容

今秋誕生する東急ハンズ新業態のライフスタイルショップ「WORK HANDS」開発にあたり、BEAMSとのコラボレーションによってファッション提案を実現。BEAMSはショップ企画、MD計画に関してディレクション・アドバイスを行い、バイイングや業態開発全体をサポートしています。また、両社のノウハウを結集した新しいワークウェアブランド「WORK HANDS × BEAMS」を開発。洗練されたメンズ、ウィメンズのデイリーウェアを通じて新感覚のワークスタイルを展開します。
※なお、「WORK HANDS」に関する事業リリースは別途ご用意がありますので合わせてお問い合わせください

■ 『コラボ・コンシェルジュ』導入の背景とサービス提供内容

東急ハンズは今回の新業態開発にあたり、ファッション企業とのコネクションやアパレルの専門的知見、業界間の商慣習の違いなどにおいて課題があり、本件をご相談いただきました。『コラボ・コンシェルジュ』では、コラボレーションの目的整理や課題抽出、コラボ先選定基準の整理を行い、ブランド候補リストをご提案。ブランド認知率や企業動向などのマーケティングデータや異業種企業との取り組み実績などの当社独自情報をご提供し、比較検討いただいた上で企業へのアプローチを開始。数ヶ月にわたる条件交渉の結果、「BEAMS」とのコラボレーションが決定。交渉の場のセッティング、条件や時期の詳細内容の調整をはじめ、交渉にあたる資料作成や契約書作成、事業開発ミーティングのファシリテーション、商品開発や海外リサーチ同行、ブランドローンチに関わるPRにいたるまで、ファッション・マーケティング全体のサポートを行っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング