現場作業支援ソリューション『SpotLink(R)』を9月10日より販売開始

PR TIMES / 2013年9月10日 9時41分

~多彩なコミュニケーション機能により現場の対応力向上や効率化を支援~

都築電気株式会社(代表取締役社長:日浦秀樹、本社:東京都港区、以下、都築電気)は、現場作業の
対応力向上や効率化を支援するソリューション『SpotLink(R)』を9月10日より販売開始いたします。

『SpotLink(R)』は、映像・音声・ドキュメントをリアルタイムに通信できる遠隔コミュニケーション機能
と同期機能、データを端末に残さないドキュメントストリーミング機能を持ち、それらをPCでもタブレット
でも使用できるマルチデバイス(Windows、Android、ios)に対応しています。



今まで、センターと現場といった遠隔地とのコミュニケーションにおいては、携帯やメール/チャットアプリ
等を使いながら、通話や画像・ドキュメント共有を行っていました。『SpotLink(R)』を利用する事で、
それらのコミュニケーションがすべて『SpotLink(R)』上でシームレスに行う事ができます。
またドキュメントはストリーミング配信ですので、データがキャッシュにも残りません。
閲覧は許可するがダウンロードはさせたくない資料なども、セキュアに配信する事ができます。

 今回、販売する『SpotLink(R)』は、太陽光下での視認性に優れた世界唯一のビジネスタブレット端末
「CAMELUS(R)」と連携し、現場作業支援ソリューションとして、
「西日本ICTフォーラム(http://westict.com/)9/18(水)~9/19(木)」
「CEATEC JAPAN(http://www.ceatec.com/ja/)10/1(火)~10/4(金)」
「つくばフォーラム(http://www.tsukuba-forum.jp/)10/17(木)~10/18(金)」に出展いたします。


・マルチデバイス対応の現場作業支援ソリューション
◆Spot Link (R)概要図


◆Spot Link(R)の主な機能


・遠隔コミュニケーション機能  :端末から別の端末へ直接連絡することができ、資料や写真、映像、
                    音声をインラクティブにやり取りが可能。
・ドキュメントストリーミング機能 : サーバ上で変換したファイルをユーザからのアクセスに応じて配信。
                     ネットワークの負荷を抑えつつ、効率的に閲覧することが可能。
                     配信したファイルは、端末のキャッシュにも残さないため、セキュリ
                    ティ面でも安心。
・同期機能           : 端末で閲覧しているドキュメント・写真などは、必要な際、他の端末
                  と同期することが可能。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング