神楽坂まち舞台・大江戸めぐり 開催のお知らせ

PR TIMES / 2013年9月6日 15時0分

趣のある街角で親しむ日本伝統芸能の世界

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)は、日本を代表する多様な伝統文化をわかりやすく紹介し幅広い世代の方々に気軽に伝統芸能に触れていただけるイベント「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」を平成25年10月13日に神楽坂エリア一帯を会場として、開催いたします。



会場は、「神楽坂」のまち全体となります。神楽坂は、江戸・明治・大正・昭和・平成と庶民芸能の集積地として栄え、現在も伝統(和)と先端(モダン)の融合した文化を有した町です。また歴史ある路地・坂道・石段が独特の趣を醸し出し、地域の生活・暮らしと結びついた江戸の“粋”を今に伝えています。

中心会場となる毘沙門天善國寺境内の特設ステージでは、和太鼓、津軽三味線等の伝統芸能公演「神楽坂楽座」を行います。東京神楽坂組合・見番では芸者衆の踊りとお座敷遊びの公演「覗いてみようお座敷遊び」を、また、「芸能めぐり」と題して、路地界隈では虚無僧尺八と新内流し、神楽坂の路上数ヶ所では各種の伝統芸能を楽しめる街角ライブを開催します。さらに、「神楽坂タイムスリップ」と題した名所旧跡をめぐるスタンプラリーでは、神楽坂をよく知るガイドが見どころを案内(ウォークリーダーと回るツアーも実施)。時代衣裳を着たスタッフも登場し、江戸・明治・大正・昭和それぞれの時代の雰囲気を演出します。

伝統芸能に馴染みのない方にも、その多彩な魅力を親しみ易いかたちで味わっていただけるプログラムです。


【開催概要】

■ 日時:平成25年10月13日(日)午前11時~午後5時 (内容・演目により本番の時間は異なります)

■ 会場:神楽坂エリア一帯 *雨天決行
(毘沙門天善國寺、東京神楽坂組合・見番、ラムラみやこ橋、神楽坂通り、エリア路上、歴史的名所旧跡など)
※各会場の詳しいタイム・スケジュール及び出演者は公演チラシに記載。チラシをご要望の際は事務局までご連絡ください。
■ 料金:無料(ただし、東京神楽坂組合・見番での「覗いてみようお座敷遊び」のみ有料 2,500円・要事前申込み)


企画概要


「神楽坂楽座」

若々しく躍動美溢れる太鼓が魅力の湯島天神白梅太鼓保存会。他に、津軽三味線と民謡を“今”の感性で自由に表現する津軽三味線ユニット「あんみ通」や、笛とギターを中心とした「竹弦囃子」、江戸太神楽「太神楽曲芸協会」による伝統芸能の数々を、毘沙門天善國寺境内の特設ステージで演者によるお話を交えてご覧いただきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング