株式会社 鼓月 新工場・本社工場隣接地に完成

PR TIMES / 2013年9月13日 11時39分

主力商品「千寿せんべい」などの生産能力向上を図る。9月17日に竣工御披露目式開催。

株式会社鼓月が建設中であった新工場が完成。主力商品「千寿せんべい」などの生産増強を図る。9月17日(火)10:00より取引業者を招待する竣工御披露目式を開催予定。



株式会社鼓月では、かねてより本社工場隣接予定地に建設中であった新工場がこの度完成し、9月17日(火)に竣工御披露目式を行う予定です。新工場は鼓月の主力商品「千寿せんべい」の販売数増加に対応するための供給能力増強を主な目的とし、本年2月より建設を進めてまいりました。新工場は、現伏見工場敷地内の約2,500平方メートルに、建設費用13億円にて3階建・延床面積約3,000平方メートル規模となります。1階は出荷流通部門、2階に「千寿せんべい」製造ラインを2機、「千寿せんべい」のミニサイズ「姫千寿せんべい」のラインを1機設置。これにより「千寿せんべい」の生産能力が1日当たり7万個から10万個となります。箱詰めや出荷作業の自動化による効率化を図る他、再生可能エネルギー(地中熱空調システム)の導入、太陽光発電の活用、3階を屋上テラスとして緑地化するなど、様々な環境対策を施しております。取引業者を招待して工場見学会を行う竣工御披露目式を9月17日(火)10:00から、鼓月本社敷地内にて予定しております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング