60代男性の87%は孫の育児をサポートする「イクジイ」と判明!52%は孫と車で出かけたり、公園に行ったりする「アクティブ・イクジイ」

PR TIMES / 2013年9月12日 14時50分

52%は孫と車で出かけたり、公園に行ったりする「アクティブ・イクジイ」 子どもを預かってもらう親が車で出かけることに「ダメ!」と言うのは少数(9%)も、 3人に1人がイクジイの運転に不安?
イクジイへ「運転の不安」を言わないのは“快く”イクジイになってもらうための親の気遣い!?




 父親や祖父の育児参加の奨励・後押しされる中、「イクメン」や「イクジイ」なる造語が作られています。総合マーケティング&リサーチ会社である株式会社シタシオンジャパン(所在地:東京都中央区 代表取締役会長兼社長:小出紘道)は、「敬老の日」を前に、幼稚園や保育園の年中・年長、小学生1~3年生の孫を持つ60代男性250名、および幼稚園や保育園の年中・年長、小学生1~3年生の子どもを持つ30~40代男女250名に対して、祖父が孫の育児に参加することと車の運転に対する意識調査を実施しました。

■車で行楽地や公園に一緒に行く「アクティブ・イクジイ」は52.7%
 育児をサポートする「イクジイ」は87.6%、そのうちの52.7%は、車で行楽地やショッピングモールに出かけたり、徒歩や自転車で公園に行ったりと、孫と一緒にアクティブに遊んでいる「アクティブ・イクジイ」であることが分かりました。


■イクジイに対し、「車の運転に対する不安」はあえて言わないのは、快く子どもを預かってもらうための親の気遣い?


 では、子どもを預かってもらう親は、アクティブ・イクジイが車で出かけることを、どのように思っているのでしょうか。子どもを預ける時に「車では出かけないでほしい」と伝えるのは9.7%と少数でした。対して、子どもを預ける親の約3人に1人は、「運転が不安だから出かけないでほしい」と言うのは、父親(孫から見たら祖父)が嫌がるという思いから、伝えていない状況が伺えました。「運転の不安」を伝えないのは、“快く”イクジイになってもらうための子どもを預ける親の小さな気遣いなのかもしれません。
 ちなみに子どもを預かってもらう時に伝える「ダメ出し」は、「甘い飲食ばかりはダメ」(48.2%)、「おもちゃばかり買ってはダメ」(29.2%)という回答が高い傾向がありました。また、「預かってもらえるだけでもありがたい」、「助かる」といった、イクジイへの感謝の気持ちがあることが自由回答よりわかりました。

■60代男性の9割は「運転に自信あり」としながらも、
77.2%が「運転支援システムがついている車を運転したい」と高い興味を示す
30~40代男性「運転に自信あり」は75.6%、「運転支援システムがついている車を運転したい」は82.3%
~ 運転に自信はあるが、新テクノロジーに前向きな男性ドライバー ~

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング