鮮魚流通の新しいプラットフォームを創造する八面六臂が ピグマリオン2号ファンド、ベクトル、ウインローダーに 総額1.5億円の第三者割当増資を実施

PR TIMES / 2013年10月7日 13時36分

 最先端のITと物流を利用して鮮魚流通の新しいプラットフォームを目指す八面六臂株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:松田雅也、以下「八面六臂」)は、ピグマリオン2号投資事業有限責任組合(本社:東京都中央区、無限責任組合員:株式会社バリュークリエイト、以下「ピグマリオン2号」)、Vector Group International Limited(株式会社ベクトル【東証マザーズ6058】子会社、本社:香港、代表者:西江肇司、以下「ベクトル」)、株式会社ウインローダー(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:高嶋民仁、以下「ウインローダー」)を割当先とする第三者割当増資を実施し、総額1.5億円を調達します。
 またこの資金調達と同時に、ピグマリオン2号のアドバイザーを務める藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス株式会社 最高運用責任者)が取締役に、西江肇司氏(株式会社ベクトル 代表取締役)がアドバイザーに就任します。

■ 事業概要
 規格化が難しく、鮮度劣化が著しい鮮魚を、全国の消費者ニーズに対応しながら迅速かつ適切に届けることは、巨大なジグソーパズルを制約時間内に完成させる行為と似ています。これまで、鮮魚を円滑に流通させるシステムとしては、流通過程に専門業者を多段階配置する方式が最も効率的でした。しかし情報技術や物流網の進歩の中、この効率性が問い直されています。
 八面六臂は鮮魚に関する需要と供給を情報システムで処理し、最適な物流網で商品を届けるプラットフォームサービスを提供することで、鮮魚業界の流通構造を再編し、失われつつある水産食文化を取り戻していきます。

■ 第三者割当増資の目的
 新規エリアを含めた顧客基盤の拡大を実現するための、人材強化及びシステム開発を中心とした設備投資をいたします。また、ベンチャーキャピタルからの出資だけではなく、戦略的な事業パートナーからの出資として、PR業界のリーディングカンパニーであるベクトル、全国に物流ネットワークを持つウインローダーからの出資を受入れることで、事業拡大のスピードをより一層加速させてまいります。

■ 割当先の概要
1. 商号 ピグマリオン2号投資事業有限責任組合
2. 本店所在地 東京都中央区銀座6丁目7番18号 デイム銀座5F
3. 代表者氏名 無限責任組合員 株式会社バリュークリエイト
代表取締役 佐藤 明
4. 事業内容 投資事業

1. 商号 Vector Group International Limited
2. 本店所在地 Unit 901-2, 9/F, Asia Orient Tower 33 Lockhart Road, Wanchai, Hong Kong
3. 代表者氏名 西江 肇司
4. 事業内容 PRコンサルティング事業

1. 商号 株式会社ウインローダー
2. 本店所在地 東京都杉並区上荻2-37-7
3. 代表者氏名 高嶋 民仁
4. 事業内容 総合物流事業

■ 会社概要
会社名:八面六臂株式会社(Hachimenroppi Inc.)
代表者:代表取締役 松田雅也
設立日:2007年5月14日
本社:〒160-0005 東京都新宿区愛住町22 岡田ビル2階
HP: http://www.hachimenroppi.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング