約4人に1人がインターネット詐欺被害が身近に発生し 40%は金銭被害、中には100万円以上の被害があるも、意識レベルはまだまだ低い結果に

PR TIMES / 2013年10月15日 17時45分

~インターネット詐欺リポート9月度~

ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都港区、社長:溝口 泰雄、以下「BBソフトサービス」)は、2013年9月度のインターネット詐欺リポートを発表します。このリポートは、日本のインターネット利用者が直面するネット詐欺の脅威とネット詐欺に対する注意喚起を目的として、BBソフトサービスの「Internet SagiWall(R)(インターネットサギウォール)」が検出・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果と、インターネット利用者の意識調査の結果を報告するものです。



■ネット詐欺サイトの検知数(2013年9月度)
「Internet SagiWall(R)」による9月度の調査では、インターネット詐欺サイトの検知数は66万7,847件で、前月と比べて4.9%増加しました。ネット詐欺の種類別では、ワンクリック・不当請求詐欺サイト98.2%(前月比0.5ポイント減)、フィッシング詐欺サイト0.8%(前月比0.1ポイント増)、マルウエア感染サイト0.3%(前月比変わらず)、ボーガスウエア配布サイト0.2%(前月比変わらず)、ぜい弱性悪用サイト0.5%(前月比0.4ポイント増)を検知しました。


OSごとのネット詐欺種類別検知率は、前月に引き続きワンクリック・不当請求詐欺サイトの割合が最も多い状況です。9月度はAndroid(TM) 、Windows(R)搭載端末で、サイトのぜい弱性をついた悪用サイトの検知率が増加しました。

■OSごとのネット詐欺種類検知率(Windows/Android/iOS)
ワンクリック・不当請求詐欺サイト 72.62%/99.35%/95.83%
フィッシング詐欺サイト 14.73%/0.20%/4.08%
マルウエア感染サイト 6.59%/0.03%/0.00%
ボーガスウエア配布サイト 1.96%/0.11%/0.00%
脆弱性悪用サイト 4.10%/0.31%/0.09%


■インターネット詐欺に関する調査の実施結果
BBソフトサービスでは、20歳~60歳代の全国の男女を対象に、一般のインターネット利用者のインターネット詐欺に関する意識や遭遇状況、実際の被害状況について調査(調査期間:2013年9月17日~9月19日)を実施し、671名の回答を得ました。

調査結果概要


・約10人に1人がインターネット詐欺に遭遇したことがあると回答。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング