ヘイズ、日本の医薬品業界でCRAの高い需要が長期的に続くと予測

PR TIMES / 2013年11月12日 11時5分

人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、継続的に新薬が発売される医薬品業界の状況を受け、日本の人材市場において少なくとも向こう5年間はクリニカル・リサーチ・アソシエイト(CRA)の高い需要が続くことが予想されるとコメントを発表しました。

ヘイズ・ジャパンのリージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のように述べています。「現在、ライフサイエンス分野における日本の人材市場は驚くほど活発です。医薬品CRAに対する需要は高く、製薬会社が継続的に新薬の発売を行うことで、この状況にさらに拍車がかかっています。新薬の発売は幅広い治療分野に及んでおり、臨床試験のモニタリングやサポートを行うCRAがますます求められるようになっています。モニタリングを必要とする医薬品の数が増加するにつれ、対応する担当者の需要も高まります」。

一方、医療機器会社でもプロダクト・マーケティングの需要が高まり、優れた人材を新たに採用しようとする動きが出ています。

「医療機器会社は新製品の発売に非常に積極的で、発売に至るまでの販促活動の立案や実施を担当できるプロダクト・マーケティングの需要も高まっています。マーケティング部門の拡充を図る医療機器会社は複数あり、優れたスキルを持ったベテランの候補者を巡って争奪戦が起きている状況です。医療機器の場合、製品ごとに必要な知識は若干異なるものの重複する部分も多く、製薬会社、OTC、ライフサイエンス・サービス企業などの業務経験者が候補者として考えられます。同様の治療分野での経験はプラスになりますが、新製品の販売に関する実績を持っていることが何よりもアピールポイントとなります」。

「製薬企業は当面、メディカル・サイエンス・リエゾンなどの職種を最優先として採用活動を行っていくと見られますが、来年度の事業目標の策定を控えたこの時期は、医療機器、製薬ともに中小企業を中心に積極的な採用に動いています。中には3社以上の会社から採用通知を受ける候補者もおり、契約金やボーナスを用意する企業もあります」。

その他、日本のライフサイエンス業界で採用ニーズが高まると予想されるのは、次のような専門分野です。

・ 医薬情報担当者(MR) - 製薬会社は特定の分野の経験を積んだMRを求めており、がん、糖尿病、中枢神経系(CNS)、眼科治療の分野を専門とするMRは特に需要が高くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング