個人でも法人でも!マネーフォワード、クラウド型経営サポートツール 『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)を完全無料で提供開始

PR TIMES / 2013年11月29日 11時52分

~個人の確定申告や法人の経理・会計を簡単で楽なものに~

株式会社マネーフォワード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下当社)は、本日、確定申告・法人決算を簡単で楽なものにするクラウド型経営サポートツール『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)の提供を開始いたしました。



当社は、資産管理・家計管理サービス『マネーフォワード』を昨年12月にリリース後、iPhone、Android、iPad全てでファイナンスランキングNo.1を獲得するなど、好評頂いております。そのような中、ユーザーの皆さまから、面倒な確定申告を楽にするサービスや事業者向けのサービスも出して欲しい、というご要望を多く頂戴して参りました。
日本国内の確定申告者数は2,000万人超に上る一方、申告手続の大半は未だ手書きの面倒な作業が中心となっております。また、法人の経理・会計業務においても、手作業が多くかつ専門的な会計知識が必要な状態であり、会計の知識が不十分でも使用可能なサービスはまだ十分整っておりません。
当社は、資産管理・家計管理サービス『マネーフォワード』と同様に、できる限り手作業を削減し、自動化されたツールをご提供することで、個人の確定申告や中小企業の会計・経理の手続きを簡単で身近なものへと変えていきたいと考え、『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)(https://biz.moneyforward.com/)をリリースすることとなりました。


■ 『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)の主なメリットと機能
『マネーフォワード For BUSINESS』(β版)の主なメリットと機能は以下となります。
1. 金融機関データの自動取得により手作業を大幅に削減~既存ユーザーのデータも同期~
1,200以上の金融機関における入出金データを自動で取得することで、自分で手入力する手間を大幅に省くことができます。また、資産管理・家計管理サービス『マネーフォワード』でご利用頂いていた入出金データを、そのままご利用頂くことも可能となっております。
2. 面倒な仕訳作業が簡単に。請求書の作成や自動消込が可能に。
取得した入出金データは、その文言を元に半自動で仕訳作業が行われます。また、請求書の作成から、未実現の入出金を管理することも可能で、入金予定時期を過ぎても入金がない取引などを通知します。今後、仕訳ルールの自動学習や、一括処理機能も追加予定となっております。
3. 経営サポート機能が充実。レポートや決算・申告書類を簡単に作成
仕訳されたデータは、キャッシュフロー・レポート、収益費用レポート、さらに税務申告や企業決算に必要なフォーマットなどを自動作成します。今まで手作業で集計していた作業が全て自動で行えるだけでなく各種レポート作成の手間をかけることなく、簡単に経営に必要な情報を確認することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング