2013年の世界新車販売台数は8,430万台-グローバル新車市場トレンド

PR TIMES / 2014年1月24日 10時46分

英LMC社、2013年世界自動車販売台数を発表

世界全体

・英調査会社LMC Automotiveが発表した2013年のグローバル・ライトビークル(乗用車・小型商用車を指す。中大型商用車を除く)市場は、中国市場の年 後半の急伸と他の市場の堅調な販売で、新記録となる8,430万台に達した。
・中国の12月の力強い販売、欧州の回復と北米の堅調な販売の全てが、新記録の販売に貢献した。驚異的な12月の季節調整済み年率換算8,830万台/年の販売は、2014年初めまで持続する可能性は低いが、LMC Automotiveは2014年全 体では持続的な成長をすると予測している。





北米

12月の米国市場は、季節調整済み年率換算が1,530万台/年とややスローダウンしたが、2013年通年では前年比で7.6%増の1,560万台に達した。2014年も基礎的なファンダメンタルズは良好なままであり、成長率はやや鈍化するが堅調な販売が期待される。
カナダのライトビークル販売は、12月の伸び率がやや低かったが、通年では新記録の174万台となって好調な北米の販売に貢献した。

欧州

12月の西欧ライトビークル市場は、季節調整済み年率換算の販売が過去2年間で最高となる1,360万台/年に達した。イギリスの需要が全体を押 し上げるとともに、オランダの増税を前にした一時的な駆け込み需要も寄与した。LMC Automotiveは、2014年の初めは市場が若干低調になるものの、市場はゆっくりと回復し小幅ではあるが販売台数は増加すると予測している。
中欧と東欧の市場は、12月は安定したままであった。ロシアの12月販売は顕著に改善し、季節調整済み年率換算販売で300万台/年に達した。

中国

速報値によれば、2013年の中国市場は好調なままに終わり、12月は季節調整済み年率換算の販売が新記録の2,480万台/年となった。2013年通年では、ライトビークル販売は前年比14%増の2,190万台に達した。伸び率も2012年の7%弱から加速している。
消費者は、悪化する大気汚染と交通渋滞を抑制するために、自動車販売規制を導入する主要都市が増加しており、駆け込み需要が引き続き発生している。これは需要を先取りしていることになるが、2014年も内陸地域の需要拡大で中国市場は好調な販売が続くと予想される。

アジア(中国以外)

日本では、2014年4月からの消費税増税を前にして、駆け込み需要が引き続き発生しており、12月の季節調整済み年率換算販売は過去20カ月で最高の590万台/年まで増加した。自動車への増税影響を小さくするために、政府は自動車取得税の軽減を検討し始めている。
韓国市場は、2013年を低調な販売で終えた。12月の季節調整済み年率換算の販売は145万台/年と精彩を欠いたものであった。2013年通年のライトビークル販売は2年連続で小幅なマイナスとなった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング