雑誌“Seventeen(セブンティーン)”コラボ 女子中高生のための通学用電動アシスト自転車 「ステップクルーズe セブンティーンコラボモデル」新発売

PR TIMES / 2014年1月8日 15時44分

2月上旬より全国にて

 ブリヂストンサイクル株式会社(社長:竹内雄二)は、女子中高生に圧倒的な人気を誇るティーン向け雑誌“Seventeen(セブンティーン)”とコラボした通学用電動アシスト自転車「ステップクルーズe セブンティーンコラボモデル」を、2月上旬より全国の販売店を通して新発売します。

 近年、原油高の影響や環境志向、そして、健康志向の高まりを受け、電動アシスト自転車の需要が伸長しております。最近では中高生の通学シーンでも利用されており、当社実施の「中高生の自転車利用実態・意識調査(別添資料ご参照)」では、電動アシスト自転車を利用したい・してみたい人が42.5%、さらに、通学路に坂道が多いと回答した人の利用意向に関しては、57%に達しています。そうした通学シーンでの需要の高まりを受け、当社としては、雑誌セブンティーンとコラボした女子中高生のための通学用電動アシスト自転車を新たに開発しました。




 本製品は、セブンティーン編集チームの協力を得て、2013年7月に商品開発をスタート。読者モデルを集めた開発会議や、読者200名へのアンケート調査を実施する等、女子中高生の要望を形にしました。
  “色と見ためにこだわる”女子中高生に向けて設定したコンセプトは、「ママチャリとは差別化された、カジュアルキュートなスポーツタイプの電動アシスト自転車」。フレームカラーは「人とカブりたくない」という読者モデルの声から、通学車の定番色であるシルバーやブラックを避け、カジュアルキュートな“ティーングリーン”を採用。デザインを決定づけるフレーム形状は、制服のスカートでも跨ぎやすい“イージーステップV型フレーム”とし、直線でスポーティーなイメージを演出しました。また、通学時の実用性も重視し、読者モデルが選んだフロントバスケットは、スクールバッグもすっぽり収まるワイド型です。アンケートで「絶対欲しい!オプションパーツ」として要望が多かったサドルカバーは、読者モデルがデザインしたドット柄を採用し、標準装備としました。さらに、電動アシスト機能では“人気容量の8.7Ahバッテリー・オートライト機能付き3ファンクションメーター・トリプルセンサーシステム”等の最新機能を搭載。女子中高生目線のこだわりを盛り込んだお洒落で実用的な一台となりました。

 今回は、電動アシスト自転車タイプの「ステップクルーズe」の他に、自転車タイプの「ステップクルーズ」、女子中高生に人気の通学用自転車「カジュナ」の計3車種でセブンティーンとコラボした限定モデルを発売します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング