三越伊勢丹グループが展開する編集型小型店「MI PLAZA」他 商業ゾーンの全20テナントが決定

PR TIMES / 2014年2月24日 16時18分

厚木市が進める旧厚木パルコのリニューアル事業「アミューあつぎ」― 4月26日(土)グランドオープン ―

 東急不動産SCマネジメント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:土屋光夫)」は、厚木市より「アミューあつぎ」商業ゾーンのテナント誘致等支援業務を受託しておりますが、その商業ゾーンの全20店舗が決定し、4月26日(土)にグランドオープンすることをお知らせいたします。
 「アミューあつぎ」は、旧厚木パルコ(厚木パークビル)を厚木市が取得し、再生を進めてきた官民一体の複合施設です。地下2階~地上9階からなる施設のうち、商業ゾーンは地下1階~地上4階に位置し、2013年7月に当社が厚木市よりテナント誘致等支援業務等を受託し、業務を行ってまいりました。グランドオープン後は、この商業ゾーンを当社が厚木市よりマスターリースし、運営を行ってまいります。




■商業ゾーンのコンセプトについて
 「アミューあつぎ」商業ゾーン(地下1階~地上4階)は、「あらゆる世代が集う新たなまちのシンボル」という厚木市の事業方針にあわせ、幅広く多くの地域の方々が利用できる、バラエティ豊かな店舗で構成されます。神奈川県内、厚木市内への初出店店舗や、新業態での1号店など、利便性と話題性を兼ね備えた魅力ある20店舗で展開します。

■「MI PLAZA」について
 「MI PLAZA」は、三越伊勢丹グループが、常に上質で新しいライフスタイルを創造することを目指し展開する、新しい編集ショップです。何気ない日常生活の場面にこだわりを持ち、新しい生活提案を常に求め続けている近隣の方をターゲットにしています。

■「アミューあつぎ」について
 「アミューあつぎ」は、地下1階~地上4階が、当社運営の飲食・物販店舗を中心とした商業ゾーン、地上5階~8階が、公共施設「あつぎ市民交流プラザ」として、文化・芸術、生涯学習などの活動スペースのほか、子育て支援センターなどのフロアで構成されます。また、かつて地元の皆様に親しまれていた映画館は、9階に2スクリーン(174席、58席)のミニシアターとして復活し、官民一体の複合施設として地域の皆様の活動と交流の拠点となります。

リリース元データ
http://prtimes.jp/a/?f=d9532-20140221-5198.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング