京都老舗の亀田利三郎薬舗から 大正元年以来100年ぶりの新製品 天然生薬配合の浴用剤「白虎ゆ」2014年3月18日発売

PR TIMES / 2014年3月11日 12時4分

カミツレ、桃の葉、当帰、甘草、椿油 天然生薬のみ使用  ~ バスタイムでしっとり色白美人に

一世紀以上の歴史をもつ、漢方が主成分の家庭薬「六神丸」でお馴染みの京都老舗の株式会社亀田利三郎薬舗(京都市北区)は、 「漢方をよりよく より多くの人に」という願いを込めて開発した浴用剤 四神シリーズ第4弾「白虎ゆ」を3月18日(火)に発売します。




『夏は暑く、冬は寒い』-そんな京都の季節に対する知恵と老舗医薬品
メーカーの技術で、体の芯までぽかぽかになり、ストレスを少しでも和らげる健康法を提案したい。一日のしめくくりに生薬たっぷりのやわらかなお湯にゆっくり浸かる・・・それであれば誰でも簡単に続けられるのでは。
そんな想いから天然生薬配合の薬湯は生まれました。

天然の生薬を十分に楽しんでいただくため、不織布の中に生薬のみが入ったスタイル。当然、ケミカルなものは一切入っていません。

芯から温まる「玄武ゆ」、清涼感溢れる「朱雀ゆ」、敏感肌用の「青龍ゆ」。これらに続いて、この春誕生の「白虎ゆ」は、髪油や化粧品として古来より“女性の美”を支えてきた椿油に、リラックス効果の高いカミツレ(カモミール)、荒れ性に良いとされる桃の葉、美白も期待できる甘草等を配合。

ナチュラルなものでしか味わえない豊かな香りで、ハーブティーにつかるような贅沢な入浴タイム。キレイと健康を目指す入浴養生がおすすめです。


【商品概要】

■商品名: 白虎ゆ
■定価 :1個 500円※本体価格(税抜)
■配合成分: カミツレ、桃の葉、当帰、甘草、椿油
■発売日 : 2014年3月18日(火)

亀田利三郎薬舗(京都市北区平野宮本町95)、
井筒八ッ橋本舗(京極一番街 京都市下京区寺町通四条上ル)をはじめ、
関西関東の美容サロン 及び
亀田利三郎薬舗オンラインショップ(http://www.kameroku.co.jp )で販売開始


【「白虎ゆ」配合成分の特徴】
■カミツレ(カモミール)
キク科の耐寒性一年草。保湿・消炎力に優れ、湿疹や肌荒れ、あせもなどの肌トラブルを鎮めます。
抗炎症作用、抗痙攣作用があり、発汗、駆風、消炎、鎮痙薬として、風邪・頭痛・下痢などに応用。また芳香性苦味健胃薬として食欲不振に用いられるほか、浴剤としてリュウマチや痔疾、冷え性、心身の疲労などに利用されています。

■桃の葉(モモノハ)
バラ科のモモの葉。漢方では去風湿・清熱・殺虫作用があるとされ、日本では浴用剤として夏場の汗疹(あせも)、かぶれ、荒れ性などに利用されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング