コグニザント、IDC MarketScapeベンダー評価報告書において、ライフサイエンス・バリューチェーン全体を通したIT/BPOサービス市場における「リーダー」との評価を獲得

PR TIMES / 2014年2月26日 12時29分

製造・サプライチェーン および 販売・マーケティングの戦略的コンサルティング市場でも「リーダー」との評価

[ 米国ニュージャージー州 ティーネック、2014年2月20日発]
コグニザント (NASDAQ: CTSH) は、IDC Health Insights社がライフサイエンス・バリューチェーン全体(研究開発、製造・サプライチェーン、販売・マーケティング)を通して行なう「IDC MarketScape 世界のIT/BPOベンダー評価」において、「リーダー」の評価を受けたことを発表しました。また同時に、製造・サプライチェーン および 販売・マーケティングの戦略的コンサルティング市場においても「リーダー」との評価を獲得しました。

この評価分析は総合的なフレームワークに基づいて行われ、更には、サービスプロバイダの機能性や提供するロードマップ、デリバリモデル、ポートフォリオ戦略、顧客層、市場参入能力、クライアント企業のフィードバック、料金モデル、営業/販売戦略、マーケティング戦略、エンゲージメント実績、事業成長戦略、財務/資金調達モデル、従業員エンゲージメント、イノベーション/研究開発速度 および 生産性など、ベンダー企業の主たる特性を評価するものです。

本報告書の中でIDCは、「製薬、バイオテクノロジー、医療機器という三大市場のライフサイエンス企業各社との業務提携において、コグニザントは多くの実績を上げている」ことを指摘しています。技術スキル、プロジェクト/アカウント管理能力、ビジネスニーズの理解、業務の混乱を最小限に抑えるための迅速なプロジェクト要員配置能力、および クライアント企業にもたらされた総合的な事業価値などについて、コグニザントは多数のクライアント企業のフィードバックから高得点を獲得しました。

バイスプレジデントとしてコグニザント ライフサイエンス部門を統括するシャンカル・ナラヤナンは次のように語っています。「コグニザントは、ライフサイエンス・バリューチェーン9業種に及ぶ報告書のうち8業種で「リーダー」と位置付けられる唯一の企業となりました。この事実が我々の幅広い業界経験を実証しています。これは、ライフサイエンス業界のクライアント各社が将来的に競争力を持ち続けられるよう支援する、我々の総合的なサービス提供能力が認められたことに他なりません」

「ライフサイエンス企業が最大の利益を創出し、かつ ビジネスアジリティを高めるためには、堅ろうなコンプライアンス基盤の構築、マネージド・マーケット・ライフサイクルの効率化、クライアント企業やステークホルダーとの関係強化などを図りながら、同時に臨床システム および 創薬、非臨床試験、製品開発などさまざまなプロセスの最適化にも対応しなければなりません。市場リーダーシップを取り続けること、それはもはや、クリニカルオペレーション、安全性管理、販売効果の向上によって得られる「より良い事業運営」だけに関わる問題ではありません。新たな戦略やスキル、販売ルートの確立、業界における成功事例の採用、医療効果の向上に向けた次世代SMAC技術(ソーシャル, モビリティ, アナリティクス, クラウド)を活用することによって、「他社との差別化」を図ることも必要なのです。「徹底して制御された環境」と「急速に刷新された環境」の均衡を上手く保てるようライフサイエンス企業を支援できるパートナーとして、コグニザントは多くのクライアント企業をサポートしています」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング