メンター・グラフィックス、高機能システム設計の生産性を高める新生PCBレイアウトプラットフォーム「Xpedition」を発表

PR TIMES / 2014年3月18日 10時46分

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、設計のさらなる複雑化、設計チーム構成の変化、システムを考慮した設計要件など、今日のプリント基板(PCB)システムが抱える課題に対応する新しいシステム設計プラットフォームとして、「Xpedition(TM)」の第一フェーズを発表しました。



Xpeditionは、直観的な設計環境と設計者に主眼を置いた自動化機能を兼ね備えており、業界最高難度のシステム設計であっても、その開発プロセスを大幅に簡素化するとともに、開発に必要とされる時間を劇的に短縮させます。また、設計者の担当業務の変化に柔軟に対応するため、グローバル展開される設計チームの組織であっても、各ユーザがエキスパートレベルで割り当てられた業務を遂行でき、最適な生産性を発揮します。この結果、製品開発サイクルの短縮、設計リスピンの最小化、製品品質の向上がもたらされます。第一フェーズではXpeditionのによる新しいPCBレイアウトテクノロジを発表します。
「業界で最も高度なソリューションを提供するXpeditionプラットフォームは、実際のお客様の声に向き合ってきたメンター・グラフィックスの取り組みを体現したものであり、長年にわたりPCB設計フローの最上位製品として位置付けられてきたPCB設計プラットフォームに基づいています。今日の市場を牽引しているソリューションの強みを生かしつつ構築されたこの新しいプラットフォームは、容易な導入と展開のしやすさを意識して設計されています。顧客の反応からもこのソリューションの画期的なメリットと導入しやすさが実証できたことを喜ばしく思っています。」メンター・グラフィックス、Systems Design Division、Systems Design Division、Henry Pottsは、上記のように述べています。


高度な自動レイアウトテクノロジ
新生Xpeditionフローの第一フェーズでは、性能と再利用性を高める配置プランニング、複雑な高密度トポロジの配線効率化、エレメカ統合の最適化など、今日のシステム設計者が直面している主要課題に対応したPCBレイアウトプラットフォームを提供します。主要機能の1つであるSketch Router(TM)は、自動アシスト付き配線プロセスを対話形式で細かく制御することで手動配線と同等の品質を非常に短い時間で達成できる、業界でも類のない先進機能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング