リプトンブランドから、グリーンティーを新展開! 海外で人気の “グリーンティー×フルーツ” フレーバーグリーンティー第1弾 「リプトン グリーンティー&マスカット」 4月1日(火)より発売のお知らせ

PR TIMES / 2014年3月31日 17時22分

森永乳業は、「リプトン紙パック500ml」シリーズよりフレーバーグリーンティー第1弾として、
「リプトン グリーンティー&マスカット」を4月1日(火)より新発売いたします。



森永乳業は、「リプトン紙パック500ml」シリーズよりフレーバーグリーンティー第1弾として、
「リプトン グリーンティー&マスカット」を4月1日(火)より新発売いたします。

1988年に発売された「リプトン紙パック500ml」シリーズは、様々な気分、シーンに合わせて選べる多彩なフレーバーラインナップが人気のチルドティーシリーズです。レモンティー、ミルクティーなどの紅茶の基本フレーバーに加え、2012年には“抹茶”、今年2月には“ほうじ茶”を発売、世界の茶の専門家・リプトンとして“紅茶”という枠組みを越え、幅広い“茶”の提案をしています。

このたび新展開する“フレーバーグリーンティー”は、日本では無糖茶として飲用することが一般的であるグリーンティー(緑茶)に、フルーツフレーバーを加えた、新スタイルのグリーンティーです。アメリカをはじめ海外では、この“フレーバーグリーンティー”は、多くのメーカーから発売され、主要なカテゴリーのひとつとして定着しております(※1)。また、アメリカでは、リプトンブランドにおいても、ペットボトル入りタイプの売上ランキングの上位がこの“フレーバーグリーンティー”であり、紅茶と並ぶカテゴリーに成長しています。
こうした中、リプトンでは、“フレーバーグリーンティー”市場が日本に未だ存在しないことに着目、今後伸長する見込みがある市場として、このたび「リプトン グリーンティー&マスカット」を発売いたします。事前の味覚調査においても、高い評価を得ており(※2)、昨今バリエーションが多様化している飲料市場の中で、“フレーバーグリーンティー”も新たなグリーンティーの飲用スタイルとして確立できるものと考えています。

また、発売日の2014年4月1日は、消費税が5%から8%へと増税される日です。節約志向が高まるお客さまに向け、“手軽ながらもおいしい”紙パック500ml商品を積極的に提案してまいります。 新発売にあたり、交通広告などのプロモーションも幅広く行い、新シリーズの認知拡大・浸透を図り、新カテゴリーとして、育成してまいります。

1. 商品特長
1.さわやかなグリーンティーに、マスカット果汁を加えました。世界の茶の専門家リプトンがプロデュースする、新スタイルのグリー ンティーです。
2.グリーンティーのすっきりとした味わいと、マスカットのみずみずしくほどよい甘さが絶妙にマッチ。爽やかにグリーンティーが香る 新体験のおいしさです。
3.パッケージは、グリーンをベースにした、スタイリッシュなデザインに仕上げました。
4.「グリーンティー&マスカット」は、6月までの期間限定商品です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング