世界最大のスタートアッフ゜アクセラレーター、日本初となる支部を関西に設立

PR TIMES / 2014年4月1日 13時28分

シリコンハ゛レー拠点のファウンタ゛ー・インスティテュート、関西の起業家を支援する支部を日本に設立

1,000 社以上の卒業企業を持つ世界最大のスタートアッフ゜アクセラレータて゛あるファウンタ゛ ー・インスティテュート (http://fi.co/?target=kansai) は、日本初となる支部を関西に設立することを本日正式にアナウンス致します。



1,000社以上の卒業企業を持つ世界最大のスタートアップアクセラレータであるファウンダー・インスティテュート (http://fi.co/?target=kansai) は、日本初となる支部を関西に設立することを本日正式にアナウンス致します。

年2回開催される学期を通じて、日本国内で年間20社以上のテクノロジー系スタートアップの創出を目指します。3月に実施されたトライアル期間で100名にも及ぶ応募があった実績を経て、ファウンダー・インスティテュートは関西での設立を正式に決定しました。

関西でのテクロノジー系スタートアップの立ち上げに興味をお持ちの方は、http://fi.co/apply/kansai にてファウンダー・インスティテュートに本日から応募頂けます。

ファウンダー・インスティテュートは設立からまもなく5年が経過し、これまでに 1,116 社の起業を支援し、10,000 人以上もの雇用を創出してきました。ファウンダー・インスティテュートでは、4ヶ月間のプログラムを通じて、経験豊かなメンター CEO からのフィードバックやサポートを受けながら、起業家は実際に会社を登記してビジネスを立ち上げます。

プログラムは夜間のパートタイムであるため、会社に務めている人でも現在の仕事を続けながら、仕事を辞める前に自身のビジネスアイデアを検証・改善することができます。これは、プログラムに参加する前に仕事を辞める必要がある他のアクセラレーターとは大きく異なります。

ファウンダー・インスティテュートの創業者 CEO であるアデオ・レッシは次のように述べています。「世界をリードする幾つかのテクノロジー企業にとって関西は本拠地となっていることから、優秀な人材が現地に多いことは間違いありません。一方で、彼らのような優秀な人材が起業するためのサポート体制は決して十分であるとは言えません。」

加えて、アデオ氏はこのようにも述べています。「ファウンダー・インスティテュートは、起業リスクを低減し、テクノロジー起業家精神を後押し、素晴らしい会社を創出するためのサポート体制を関西で提供できると信じています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング