【夫婦の出産意識調査 2014】ー 少子化対策の鍵となる「夫婦の想い」、2961名へ調査 -

PR TIMES / 2014年6月5日 9時41分

既婚者の76.7%が「子ども2人以上が理想」 一方、「『2人目の壁』が存在する」と思う人も7割超(70.8%)

■ 『2人目の壁』解消のためには、
  「経済的なサポート」「仕事面でのサポート」「ワークライフバランスの改善」がポイント

■ 第二子出産の意向がある夫婦では、86.4%が「今すぐ~2年以内に欲しい」と思っている

■ 「子育てしやすい」と住民に評価が高いのは、【1位】富山県、【2位】福岡県、【3位】鳥取県






タマホーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:玉木康裕)が、2013年に立ち上げた
「1 more Baby応援団」※は、このたび、「夫婦の出産意識調査2014」を実施、その速報がまとまりましたのでご報告いたします。昨年6月に発表した「夫婦の出産意識調査」に続き、2回目の調査となります。
※「1 more Baby応援団」とは、タマホーム株式会社が2013年10月に立ち上げた運動体で、日本の少子化問題を捉え、「もうひとりほしい」という家族の想いを応援する機運を、社会全体に広げていくことを目指しています。


調査の結果、「あなたは何人の子どもを持ちたいと思いますか(理想の子ども人数)」という質問に対し、約半数の47.0%が「2人」と回答。続いて「3人」(26.8%)となり、「2人以上」と答えた人は全体で76.7%となりました。
また、第二子以降の出産をためらう『2人目の壁』が存在すると思うと答えたのは70.8%となりました。

『2人目の壁』を解消するために必要だと思うことをたずねたところ、 「出産・育児費用、教育関連費用における経済的なサポート(86.2%)」、「休職・復職の行いやすさなど仕事面でのサポート(49.6%)」、「自分や配偶者のワークライフバランスの改善(長時間労働の短縮など)(48.1%)」などが挙がりました。一方で、今後出産意向のある夫婦にそのタイミングを尋ねたところ、現在子どもを1人持つ人の86.4%が、第二子を「今すぐ~2年後までに欲しい」と答えるなど、夫婦の本音は、2人目以降に前向きであることが分かりました。
1 more Baby応援団では、今後も、調査など様々な研究活動と、提言活動を行って参ります。


【調査委結果/サマリー】

昨年の調査で「1 more Baby応援団」が着目した少子化の一因、『2人目の壁』。
今年の調査では、「子どもは2人以上が理想」と答える既婚者が76.7%、第二子を「今すぐ~2年以内に欲しい」と望む出産意向層が86.4%になるなど子どもを2人以上持つことに前向きな数値も見られました。
一方で、『2人目の壁』の存在を感じる人も多く(『2人目の壁』実感は70.8%)、その主な要因は 「経済的な理由」(88.5%)でした。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング