<魔法の美術館2014>親子で楽しめるデジタル技術と芸術の融合“メディアアート”展

PR TIMES / 2014年6月10日 14時10分

2014年7月14日(月)~9月6日(土)松坂屋美術館にて開催



 東海テレビ放送では、7月14日(月)から9月6日(土)まで、松坂屋美術館(名古屋市中区栄三丁目16番1号)にて、「魔法の美術館2014」を開催いたします。
魔法の美術館とは、光をモチーフに最新のデジタル技術と芸術とを融合したメディアアートを集めた作品展で、累計で80万人を動員している人気作品展です。

 メディアアートは、コンピューターの性能の飛躍的な向上と社会への普及を背景に登場した、新しい芸術表現。デジタル映像や音響を組み合わせたマルチメディアアートや、鑑賞者が触れたり、動いたりすることで作品自体が変化するインタラクティブ(双方向)アートなどが生まれています。特に、音、光、映像、アニメーションの分野では日本は世界のメディアアートをリードしています。

 「魔法の美術館2014」では、世界から注目を集めているメディアアーティストが、「見て、触って、参加して」を基本に制作した、想像力豊かでインタラクティブ性(双方向性)を重視した超体感型アート15点を厳選、カメラの前に立つと、自分の顔がスクリーン上でメイクが施されるという作品や、スクリーンに映る自分の手が伸びたり何人も自分が現れ自分がスキャンされたような不思議な空間を楽しめる作品など子供から大人まで光のアートを楽しむことができます。

 また、来場者の方はすべての作品を撮影することができます。

開催概要
■ 展覧会名
魔法の美術館2014
■ 開催期間
2014年7月14日(月)~9月6日(土)10:00~19:30
※8月21日(木)・9月6日(土)は18:30閉館、最終入場は閉館30分前まで
■ 会場
松坂屋美術館
■ 入場料
一般:1,200円(前売1,000円)/小中学生:600円(500円)/未就学児:無料
■ プレイガイド
チケットぴあ(Pコード:766‐235)/ローソンチケット(Lコード:48207)/
セブンチケット(セブンコード:031‐114)松坂屋美術館、芸文プレイガイド 他
※5月18日(日)前売発売開始(会期中は当日料金で販売)
■ 主催
東海テレビ放送
■ 企画協力
ステップ・イースト
■ お問合せ
東海テレビ放送 事業部 052-954-1107(平日10:00~18:00)
■ 公式HP
http://mahou2014.jp

主な作品

◆真鍋大度/比嘉了 happy halloween!(c)daito MANABE/satoru HIGA

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング