ルー大柴がYouTuberデビュー TVの世界から恐るべき刺客がやってきた

PR TIMES / 2014年6月12日 12時28分

再生回数100万回を目指す番組“大柴ちゃんねルー” ティザー動画が6.13(金)にいよいよ公開

大柴ちゃんねルー制作チームは、6月13日(金)よりYouTubeにて「100万Viewをプロミス!~大柴ちゃんねルー」ティザー動画の配信を開始します。本企画はルー大柴さんがYouTuberとして様々なことにチャレンジし、再生回数100万回をプロミスする企画です。YouTubeで話題になっている“旬ネタ”に毎回チャレンジしていきます。本配信は6月16日(月)よりYouTube専用チャンネルで順次公開され、怪談や浴衣の着付けネタなどを公開予定です。

YouTubeの公式チャンネル:http://www.youtube.com/user/ooshibachannel
※2014年6月13日午前10時より公開予定





■撮影現場レポート

<スーツ姿はイギリス紳士かチャップリンか>

紺地に鮮やかなオレンジのラインとボタンが付いたスーツに山高帽をかぶり、オレンジのスカーフを巻きステッキを持ったイギリス紳士のようでもあり、喜劇王・チャップリンを彷彿とさせる姿で登場したのはルー大柴さん。

スタジオに入るなり、「よろしいんですか私くしで!」と軽い笑いを入れつつ、場の空気を和ませる気遣いはさすがベテラン。ファーストカットは、赤茶色をしたアンティークの一人用ソファに腰掛け、「100万Viewをプロミスしちゃうぞ!~大柴ちゃんねルー」の意気込みから収録。目線や声のトーンを軽く打ち合わせをし、「あとは、ちょいちょいイジリがスタッフから入りますから」と監督が言うと、ルーさんは、「どうしてWhy?聞いてないよ!プロミスしてないよ」と、即座に「プロミス」という言葉を使ってアドリブで切り返し、さすが長年“LIVE”で鍛えられただけに勘どころはバッチリ。監督も上機嫌で、「プロミスいただきましたぁ~」と、テンションが上り、スタジオも拍手が起こって撮影スタート。

<早くも本領発揮!ルー語連発でスタジオ内は爆笑>

冒頭でルーさんが、「私の番組がYouTubeでスタートしちゃうよ~!まさにブルースカイにクイックサンダー!青天の霹靂って意味ね」と、言った瞬間!スタッフたちがおもわず吹き出し爆笑する。本来なら、スタッフの声が入るのはNGとなるのだが、監督が、「この撮影に関しては、生のリアクションがあったほうが自然だから、笑い声ありにしましょう。みなさん遠慮せずに笑ってください」と、急遽、笑い声を入れることに。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング