特別顧問に丸山茂雄氏、三枝成彰氏、秋元康氏の3名を招聘

PR TIMES / 2014年6月12日 9時37分

デジタルメディア映像およびエンタテイメント分野に注力

ドリームインキュベータ(DI)は、丸山茂雄氏、三枝成彰氏、秋元康氏の3名を特別顧問に招聘し、デジタルメディア映像およびエンタテイメント分野への投資・ビジネスプロデュースを加速させまいります



株式会社ドリームインキュベータ(東京都千代田区、代表取締役社長:山川隆義、以下 DI)は、2014年7月1日付で、丸山茂雄氏、三枝成彰氏、秋元康氏の三名を新たに特別顧問に招聘することになりましたので、お知らせ致します。
特別顧問がお持ちの豊富なご経験と知見、幅広いネットワークを活かし、特に、現在、当社が注力領域としている、デジタルメディア映像およびエンタテイメント分野への投資・ビジネスプロデュースを加速させていきます。

<顧問略歴>

丸山 茂雄 (まるやま しげお) 氏
1941年東京生まれ。株式会社トゥー・フォー・セブン 取締役、ブレイカー株式会社取締役、株式会社フェノロッサ取締役
早稲田大学商学部卒業後、株式会社読売広告社に入社。68年にCBS・ソニーレコード入社、78年EPIC・ソニーを設立し、佐野元春、渡辺美里、TM NETWORK、DREAMS COME TRUEなどの有力アーティストを多数世に送り出す。92年に株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント代表取締役副社長、98年に同社社長に就任 し、音楽産業の発展に寄与。一方で、93年から07年まで株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント取締役として会長などを歴任、プレイステーショ ンを成功へ導く。03年に株式会社247Musicを設立。


三枝 成彰(さえぐさしげあき)氏
1942年東京生まれ。作曲家。
日本モーツァルト協会理事長 東京音楽大学客員教授
東京芸術大学卒業、同大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」、オラトリオ「ヤマトタケル」、映画「優駿」「機動戦士ガンダム~ 逆襲のシャア」、NHK 大河ドラマ「太平記」、「花の乱」。プッチーニの「蝶々夫人」を下敷きにした「Jr.バタフライ」を世界初演。07年に紫綬褒章受章。08年にモノオペラ 「悲嘆」、ピアノ協奏曲「イカの哲学」を初演、日本人初となるプッチーニ国際賞を受賞。10年オペラ「忠臣蔵」外伝、男声合唱と管弦楽のためのオラトリオ 「最後の手紙 The Last Message」を初演。11年に渡辺晋賞を受賞。13年オペラ「KAMIKAZE-神風-」世界初演。現在までに 7作のオペラを書いている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング