エクストリコムジャパン、大型施設向け無線LANルータ「LV-2000」を 日本市場で販売開始

PR TIMES / 2014年7月15日 12時23分

~海外の大型施設で多数の導入実績を持つ「LV-2000」、 最大16,000台のクライアント端末からの同時接続が可能~

企業向け高性能ワイヤレスソリューションのリーディングカンパニーであるエクストリコムジャパン株式会社は本日、同社の大型施設向け無線LANルータ「LV-2000」を日本市場で2014年8月より本格的に販売開始することを発表しました。



2014年7月15日

エクストリコムジャパン株式会社

エクストリコムジャパン、大型施設向け無線LANルータ「LV-2000」を日本市場で販売開始

~海外の大型施設で多数の導入実績を持つ「LV-2000」、最大16,000台のクライアント端末からの同時接続が可能~

企業向け高性能ワイヤレスソリューションのリーディングカンパニーであるエクストリコムジャパン株式会社(本社:東京都港区)は本日、同社の大型施設向け無線LANルータ「LV-2000」を日本市場で2014年8月より本格的に販売開始することを発表しました。

今回、日本市場で販売開始するLV-2000は、最大16,000台のクライアント端末からの同時無線LAN接続を可能にする機能を備え、大学や学校におけるノートPCやタブレットを使用した授業での無線LAN利用から、スタジアムや大会議場などの大型施設利用まで、多台数のクライアント端末に対する効率の良い無線LAN通信を提供することが可能です。同製品は、2013年NBAオールスターゲームの会場(トヨタセンター)で観客向け無線LAN環境を提供したほか、英マンチェスターMENアリーナ、米ラスベガスのホテルで利用されているなど、すでに欧米では多数の大規模施設における導入実績を持ちます。また、2013年には英マンチェスターで行われたスタジアムビジネスサミットで“プロダクトイノベーション”アワードを受賞しました。

日本市場においては、販売パートナー各社と緊密に協力して、主にスタジアム、大規模会議場を主要市場ターゲットに据えて、LV-2000の販売活動を推進していきます。LV-2000の参考価格は、最少構成で約5,000,000円からとなります。

●参考資料
・LV-2000の画像データ
http://www.extricom.com/files/Products/switches/big/big/6_MultiSeries-500.png

・LV-2000のブローシャ&データシート(※英語)
http://www.extricom.com/files/documents/brochures/LV_Brochure_Feb2014_WEB.pdf

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング