アイデアを持つ挑戦者に『形』による事業投資 WEBサービスの開発を担う新しいベンチャーキャピタル 「ユニゾン ベンチャーキャピタル」が第2回投資先を発表

PR TIMES / 2014年7月30日 14時44分

~~ 業界初となる投資スタイルが起業促進の一助として注目 ~~

株式会社ユニゾンベックス(所在地:東京都渋谷区/代表者:代表取締役 長石 尚徳/以下、UNIZONBEX)は、起業を目指す人々を対象に、アイデアを形にする新しい手法のベンチャーキャピタル事業「Unizon Venture Capital (ユニゾン ベンチャー キャピタル)」の第2回募集結果をおしらせいたします。



■Unizon Venture Capital(ユニゾン ベンチャー キャピタル)とは

Unizon Venture Capitalは、UNIZONBEXがこれまで10年以上に渡って培ったWebサービスに関する知見・ノウハウ・リソースを活かし、多様で有望な事業シーズを幅広く募集することで、将来性・成長性が見込めるビジネスモデルに対してのベータ版の開発を行う、新しい投資スタイルのベンチャーキャピタルです。

従来のスタートアップでは、モックアップやベータ版の完成度合が、シード期の資金調達の前提条件となることが多く、「自分でサービスを作れないが有望なアイデアがある!」「成長・拡大させるノウハウがある!しかし、初期開発に必要な資金がない!」「エンジニアがみつからない!」などのベンチャー特有の悩みが、時として挑戦者達に大きな障壁となっていました。

Unizon Venture Capitalでは、日本経済を活性化し、且つグローバル市場へのイノベーションを果敢にチャレンジする新規事業に対して、積極的に投資する意向であります。2014年4月のサービス開始以来、2回目となるUnizon Venture Capitalによる投資は、今後2019年までに30社への同出資を計画しています。

■第2回 Unizon Venture Capital 募集結果

厳正なる審査のもと、次の者に出資することを決定いたしました。

≪起案者≫ 野々村 菜美 (ののむら なみ)

≪プロフィール≫
1985年 福岡県生まれ。
外資系コスメ化粧品の販売営業に5年間従事し、店舗でのBtoCビジネスにおける営業企画、販売促進、MD計画などの業務を経験する。
その後、ランジェリーブランド「ピーチジョン」にて、主にコスメアイテムの商品企画を3年間担当。
2014年4月、旅好きな大人の女性のためのハイセンスWEBマガジン「旅MUSE」を事業化するべく独立。
現在は本年10月のβ版サービスインに向けて、日々邁進している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング