GoPro とブルーカレント・ジャパン 日本国内における戦略コミュニケーションのパートナー契約を締結

PR TIMES / 2014年8月13日 9時7分

  ウェアラブルビデオカメラメーカーGoPro(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオ、代表取締役社長:ニック・ウッドマン)は、この度、世界最大規模のメガ・エージェンシーグループであるオムニコムグループ傘下の戦略PR会社ブルーカレント・ジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:本田哲也) と、日本におけるGoPro全製品の戦略コミュニケーションにおけるパートナー契約を締結しました。今後、 ブルーカレント・ジャパンはブランドエージェンシーとして、先進的なマーケティング戦略の実施とソーシャルメディアの新たな取り組みにより、日本の消費者とGoProブランドのエンゲージメント構築を促進していきます。



 GoProは近年、ウェアラブル・キャプチャ・デバイスカメラとして世界中から注目を集め、多目的なアクセサリーとの併用により、個人が様々なアクティビティを楽しみながら誰でも簡単に撮影することを可能にしたウェアラブルビデオカメラです。その用途の多様性から、スポーツシーンをはじめ、日常生活に至るあらゆるシーンまで幅広く撮影することができ、さまざまなユーザーに使用されています。また、エミー賞も受賞したGoPro Studio SoftwareやGoPro Appは、GoProで撮った写真や動画を簡単に編集、シェアすることができ、ユーザーに高く評価されています。今では、数百万ものGoProユーザーによって作られたコンテンツがYouTubeやFacebookに投稿され、UGCコンテンツの拡大と成長に大きく貢献しているといえます。また、GoPro製品は、世界トップクラスの映画・テレビ番組制作者など、国内外でも多数導入されています。

 GoProのグローバル・メディア・リレーション責任者Rick Loughery氏は、「日本における素晴らしい実績とクリエイティブな発想をもつブルーカレントに期待している。日本の消費者に向けたユニークなコミュニケーションプログラムの実施を楽しみにしている。」と述べています。

 戦略PR会社として知られるブルーカレント・ジャパンの代表取締役/CEO本田哲也は、「PR、インフルエンサー・マーケティング、ソーシャルメディアの全ての領域において最先端を行くブルーカレント・ジャパンには、GoProの日本市場での成長をサポートするノウハウがある。GoProの画期的なウェアラブルビデオカメラは、優れたソーシャルメディアツールとなることによって、ユーザー間イメージシェアの代名詞ともなった。このようなソーシャル・マーケティング時代に合致したDNAを、GoProとブルーカレント・ジャパンは共に持っている。この2社の完璧な組み合わせで日本を変えていくのが楽しみだ。」と述べています。

 GoPro独自のコミュニケーションに加え、日本ではブルーカレント・ジャパンがメディアPR、インフルエンサー・リレーション、ソーシャルメディア・マネジメント、コンシューマー・アクティベーションを含む全体的なコミュニケーション戦略とその実施を担っていきます。また、ソーシャルメディアマーケティング支援として株式会社トライバルメディアハウスも参画します。

なお、製品の販売は従来通り、株式会社タジマモーターコーポレーション・GoPro NIPPON 事業部が日本で唯一のマスターディストリビューター(日本総代理店)として行っていきます。

日本での販売に関して:GoPro NIPPON  http://www.gopro-nippon.com/ 

■GoProについて (URL: gopro.com)
 GoProの多目的ウェアラブルビデオカメラとアクセサリーは、個人が様々な活動を楽しみながらその光景に自分自身をはめ込み、誰でも簡単に撮影することを可能にしています。ウェアラブルかつギアにも取り付け可能なGoPro HERO(R)シリーズは、スポーツなどの幅広いアクティビティにおいてプロ・アマ問わず使用されています。カリフォルニア、サンマテオを拠点に生産されるGoPro製品は、現在100ヵ国25,000店以上の店舗やWEBサイトで販売されています。GoProを使って作成されたコンテンツは、Instagram、Facebook、Twitter、Vimeo、YouTubeなどのメディアを介して数百万の人々にシェアされています。

・公式Facebook: https://www.facebook.com/gopro
・公式Twitter: https://twitter.com/GoPro

■ブルーカレント・ジャパンについて (URL: http://www.bluecurrentprjapan.com/)
 ブルーカレント・ジャパンは、2006年に設立された、世界最大規模のメガ・エージェンシーグループであるオムニコムグループ傘下の戦略PR会社です。2007年には日本初となるブロガーPRサービスを開発、2009年より「戦略PR」を提唱。マス広告が主流であった日本において、新時代のエージェンシーとして注目を集めています。これまで300社を超える国内外のクライアントに、消費者の行動変化を促す戦略PRの企画から実施まで一貫してサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング