世界初のGPS残業計算アプリが日本のGDPを2.5%アップ!?

PR TIMES / 2014年8月29日 15時54分



■アプリ概要:
残業代ゼロ法案など働き方が大きく見直されている中、
労働基準法に基づいた自分の残業代はいくらでしょうか?
これを正確に把握している人は少ないと思います。

「俺の残業代がこんなに少ないわけがない。」はスマホのGPSを利用し、自動で残業時間を記録できるアプリです。
複雑な残業代の計算をリアルタイムで表示し、過去の残業時間をグラフで表示する機能など、残業をわかりやすく管理することができることが特徴です。

■日本のGDPを2.5%アップさせるかもしれないアプリ!
以下のプロセスで日本の経済を活性化!
1.本アプリで自分のサービス残業の金額を把握する
2.意外と大きな金額に虚しくなり、サービス残業をやめる
3.日本のGDPを2.5%アップ!
(※サービス残業がなくなると161.6万人の雇用創出と2.5%実質GDP押し上げができると言われています)


・残業代がもらえない職場だけど「実際にもらえるとしたらどれくらいなのか」を把握したい
・毎月の残業代・残業時間がパッと聞かれてわからない
・残業代を含めると年収がいくらなのかよくわからない
・労務管理上、毎月の残業時間上限が会社から指示されているのでリアルタイムの残業時間を知りたい
・帰りが遅く、家族や恋人が心配しているので仕事で遅くなったことをきちんと伝えたい

▼アプリストアURL:
AppStore:
https://itunes.apple.com/jp/app/can-yeapuri-anno-can-ye-daigakonnani/id881894937?mt=8

WEBサイト:
http://products.bravesoft.co.jp/orezan/

▼スクリーンショット素材
http://app-release.com/apppage/zangyoudai

▼アプリ紹介動画(Youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=pB-exXLgZ8Q


■アプリの特徴:

1)入力不要の簡単計測

「勤怠アプリ」を使ってみて感じるのが、毎日の出退勤の入力作業がとても手間になるという部分です。
本アプリはGPS機能を使うことで「会社に近づくと自動で出勤、離れると退勤」と位置情報で自動判定しますので、
ほぼ何も手間をかけずに、残業代を計測することができます。

2)残業でがんばる社会人を応援

社会人のみなさんを応援するコンテンツをアプリ内に搭載しています。
4人のキャラクターが出勤時にPUSH通知で一日の始まりを応援、労働時間が8時間を超えた時に残業を励ます機能や、
残業状況をソーシャルメディア上でシェアできる機能もあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング