M2MやIoTを実現する「MQTT」の仲介サーバーがインターネット上で利用できるサービス「sango」を提供開始

PR TIMES / 2014年8月28日 10時56分

ネットワークサーバー開発の株式会社時雨堂(本社:東京都台東区、代表取締役社長:柳原 隆幸/以下、時雨堂)は、MQTT(Message Queueing Telemetry Transport)を利用したメッセージ配信を行うために必要な仲介サーバー(MQTTサーバー)がインターネット上で利用できるサービス「sango」を、8月29日に開始することを発表します。MQTTは、機械が互いに通信するM2M(Machine-to-Machine)や、家電や自動車などの「モノ」がインターネットを介して互いに情報をやり取りするIoT(Internet of Things)を実現するプロトコルです。このサービスにより、MQTTサーバーを自前で用意することなく、インターネット上で利用することが可能となります。



1. M2M、IoT時代におけるMQTTの必要性

MQTTは、M2MやIoTでの利用が想定されるセンサーやデバイスなど、低帯域で信頼性の低いネットワーク上での通信向けに設計された*1シンプルで軽量なメッセージングプロトコルで、現在OASIS*2において標準化がすすめられています。

また、MQTTはパブリッシュ/サブスクライブ型のモデル*3を採用しており、1対1のみでなく、1対多でメッセージを配信することが可能です。M2MやIoTでは、大量のメッセージをやり取りする場合が多く、バッテリーの消費やネットワーク帯域が重要な課題になります。その点、MQTTはプロトコルヘッダーが最小2バイトと小さく、その軽量さから、特にバッテリーの消費を抑えたいモバイル向けの通信に適していることが特長の一つです。また同期処理が必要となるHTTPと比較して、処理速度に優れており、特にリアルタイムでのプッシュ型のメッセージ配信においては、データ転送量を効果的に抑えることができます。


2.「sango」の特長

実際にMQTTを利用してメッセージのやり取りを行うには、メッセージの送信側である「パブリッシャー」とメッセージの受信側である「サブスクライバー」との間に、メッセージを仲介する「サーバー」を用意する必要があります*4。パブリッシャーは、サブスクライバーを意識することなくメッセージの送信ができる一方で、サーバーは、それらのメッセージを一旦預かり、管理し、適切にサブスクライバーに配信する責任を持ちます。「sango」は、MQTTの利用者が、サーバーの開発や運用に多大な時間を費やすことなくインターネット上ですぐに使えるようにするもので、このサービスで使用されるサーバーは、時雨堂が独自にフルスクラッチで開発しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング