【JDA】コンチネンタルタイヤがグローバルサプライチェーンのオペレーション変革に向けてJDA Manufacturing Planning(製造計画)ソリューションを選択

PR TIMES / 2014年10月31日 16時4分

世界を代表するタイヤメーカーが顧客サービス向上と収益増加のためにセグメンテーション戦略を採用

* 本プレスリリースは、2014年10月21日、英国発のプレスリリースの抄訳です

JDA(R)グループインクはドイツのタイヤメーカーであるコンチネンタルタイヤが、グローバルサプライチェーンのオペレーション変革実現に向けて、JDA Manufacturing Planning(製造計画)ソリューションを選択したことを発表しました。コンチネンタルタイヤは自社のSCM変革2.0の一環としてビジネスに対する価値に基づいて多様な顧客に複数チャネルでサービスを提供する新たなサプライチェーン戦略を策定しています。同社は、JDAのサプライチェーン計画ソリューションを足掛かりとしてグローバルソリューションの土台を構築する予定です。JDA(R) Platformを共通基盤とする統合ソリューションは、コンチネンタルタイヤがSAP ERPとの統合を促進する上でも重要な役割を果たします。

コンチネンタルタイヤは、世界有数のタイヤメーカーであり、自動車関連部品サプライヤーです。2013年の売上高はユーロ333億で、タイヤ事業部は42カ国に73拠点を展開し、Continental、Uniroyal、Semperit、 General Tire、Viking、Gislaved、Euzkadi、Sime Tyres、Barum、Mabor、およびMatadorというブランド名でタイヤを生産しています。同社は、セグメント化したサプライチェーンアプローチを採用することで、多様な顧客セグメントへの差別化したサービスを提供し、結果として収益性が高い方法で注文に対応しつつ、多様な顧客需要を満たすことが可能になりました。また、現在の需給変動から生じる課題に十分な迅速性を伴って対処できるような、生産から流通を網羅するリーンなサプライチェーンも構築可能になります。

「グローバル企業として幅広い顧客ニーズに応える必要がある中、高パフォーマンスのサプライチェーンは重要な競争優位性になると考えました。たとえば現在、かつてない程多数の交換用タイヤプロバイダーに製品を提供していますが、各社の需要パターンはすべて異なっています。ビジネスを更に成長させていくためには、多様な顧客を理解し、効率よく対応することがSCM2.0という取組みの重要な要素となります」とコンチネンタルタイヤのグローバルタイヤ ロジスティック部門長のマーク シューラー氏は述べています。 「JDAは、我々のビジネスの発展の方向性を明確に理解しています。我々がサプライチェーンのオペレーション変革の実現に向けてパートナーを選択する際に、ソリューションだけでなく製造と小売の両領域の経験を持ち合わせたJDAを選択するに至ったのは当然の帰結でした。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング