web上でイメージ検索を実現したVisualSearchを公開

PR TIMES / 2014年9月5日 9時19分

モーションエレメンツ社は運営するサイトでビジュアルサーチ機能を搭載して公開した

全世界のストックメディアを扱うロイヤリティーフリーマーケットサイトを運営するモーションエレメンツ社(本社:シンガポール)は、日本語版の開設と同時に「検索語」に頼らず「検索用画像」によってCG動画素材、実写映像ムービー、AfterEffectsテンプレート、Appleモーションテンプレートを検索できる『ビジュアルサーチ』機能を搭載して公開した。



MotionElements Pte Ltd (http://www.motionelements.com )は新しく開発された視覚類似検索技術が組み込まれたより高性能なサーチエンジン”ビジュアルサーチ”をウエブに搭載して公開した。

ビジュアルサーチとはPixolution社が開発した視覚類似検索エンジンであり、ユーザーが画像を使って動画素材を検索することができる技術である。類似画像検索機能をベースとしたより高性能な検索エンジンで、ライブラリ内にある動画素材をより速く、より的確に見つけることができる。

MotionElements社はこの視覚類似検索技術を提供しているPixolution社とパートナーシップを結んでいる。

MotionElements社創業者の一人ジョアン・チュア:「ビジュアルサーチはストックビデオのバイヤーと販売者双方に高い実用性と使い易さをもたらします。私たちのサイトをより良く使い易くするための一つのステップとしてこの技術に投資し、導入することを決心しました」

ビジュアルサーチの導入により、ユーザーは目的の映像・動画素材に視覚的に似通った画像をアップロードして検索をかけるということができるようになった。これはテキスト検索の結果を更に絞り込むという使い方に特に威力を発揮する。単純なキーワード検索よりももっと選りすぐられた結果を短時間に得る事ができるのである。

創業者の一人、マーク・サン:「私たちのサイトには豊富なビデオフッテージライブラリ以外にも巨大なCG動画やアフターエフェクトテンプレート等のストックがあります。この膨大な量の中から適切な物を検索するのに正しいキーワードを選ぶのはなかなか困難です。例えば「渦巻きの線」とか「波形の曲線」とかでは探している物がきちんと見つかるかどうかは定かではありません。
ビジュアルサーチの導入により各国の言語の問題や正しいキーワードを入力する必要が無くなるのです。これは検索のグローバル化です。言語の問題がないので、バイヤーが適切なキーワードを入力することなく求めている映像・動画素材が見つけられるようになります。そうすると、動画素材を登録するクリエイター達もキーワードについてあれこれ心配する必要が無くなるのです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング