世界最大級のオーガニック展示会を開催 「オーガニックEXPO 2014 -together with BIOFACH JAPAN-」 ~暮らしとオーガニック~ 2014年11月20日~11月22日

PR TIMES / 2014年9月5日 11時44分

今年で14回目を迎える世界最大級のオーガニック商品の展示会「オーガニックEXPO 2014 -together with BIOFACH JAPAN-」が、2014年11月20日(木)から22日(土)の3日間、東京ビッグサイトにて開催されます。

「オーガニックEXPO2014」WEBサイト:http://organic-expo.jp/



「BIOFACH(ビオファ)」はドイツ語で「オーガニック専門」という意味を持つ、世界6都市で開催されている世界最大級の有機製品専門の展示会です。日本では2001年に「自然の恵みフェア BioFach Japan」としてスタートして以来、国内最大級のオーガニック・ナチュラル製品専門の展示会として、国内外のバイヤー、メディア、生活者などに注目されています。
第14回となる本年度は「暮らしとオーガニック」をテーマに、オーガニック関連製品を特に女性の方に生活の一部として取り入れていただくことを目指し、暮らしに密着した製品をメインに様々なオーガニック関連製品を展示いたします。 今年は、農林水産省の支援による有機農産物価値理解促進事業の一環である「有機農産物マッチングフェア」も同時開催され、全国より50社を超える有機農産物生産者の生鮮・加工食品が展示されます。

■オーガニック(有機)農法から未来の社会を考える
近年、遺伝子組み換え食品の登場や産地偽装問題、賞味期限切れ食材の問題などによって、食の安全性やトレーサビリティへの関心が急速に高まっています。
大量生産・大量消費の時代に乱用された農薬や化学肥料は、人々の健康だけでなく地球そのものの生態系にも大きな影響を与えています。農薬は長期的には土壌の悪化を招き、その対応策として更なる農薬が必要となってしまうなど悪循環に陥っているのです。生態系に大きな役割を持つミツバチが、近年大量死しているのも農薬が原因だといわれており、世界規模の問題となっています。

化学肥料や農薬を使用しないオーガニック農法は、地球の生態系への影響が少なく、先進国では既に一般的な農法となりつつあります。日本を除いた2011年度の先進国(G7)の有機農業の面積シェアは約4%まで拡大している一方、日本での面積シェアは0.2%と低い状況が続いています。(出典:IFOAM 「The world of organic agriculture」)

「オーガニックEXPO」を通して、より多くの関係者にオーガニックの素晴らしさを実感してもらい、日本のオーガニック市場の拡大と、これからの未来の社会を創り上げるきっかけとしていただければ幸甚です。
“今が良ければそれで良い”という考えから、地球全体のサステイナビリティ(持続可能性)を視野に入れ、オリンピック開催国を代表して世界中へ食を通した“おもてなし”ができるよう、オーガニックを推進してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング