日本女性の約66%が便秘!原因はビフィズス菌の減少、今注目の「腸内メンテ」

PR TIMES / 2014年9月10日 12時7分

【 腸の健康に関する意識調査を発表 】



雑誌販売部数業界トップシェアの株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行するファッション雑誌『InRed(インレッド)』は、味の素株式会社と合同で、全国の20~40代の女性630名を対象に、「腸の健康に関する意識調査」を実施し、その結果を2014年9月5日発売の『InRed』10月号の誌面で発表しました。

アンケート結果より、「便秘症状があるか」について65.9%が「あり」と回答。7割以上の女性が、便秘や肌荒れの原因に「ビフィズス菌の勢力が弱まる」ことがあることを知っているなど、腸に関する悩み・関心を持つ女性は多いことがわかりました。しかし、その解決方法となる「オリゴ糖がビフィズス菌を増やすこと」を知らない女性は6割以上であることが判明しました。

『InRed』10月号では、今回のアンケート結果とともに、腸内環境を整えることの重要性、そして腸内バランスに必要な“食物繊維”“ビフィズス菌”“オリゴ糖”“発酵食品”の4つを使った「腸内メンテ」レシピを紹介しています。宝島社は今後も、「人と社会を楽しく元気に」という企業理念のもと、より多くの方に喜んでいただけるコンテンツを企画・提供してまいります。


■友利新先生(皮膚科・内科医)
便秘になると腸が栄養を吸収できなくなり、結果として美容や健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。オリゴ糖は体内の善玉菌(ビフィズス菌など)を増やし、腸内環境を整える効果が期待されます。健康と美容の悩みを解消するために、加齢とともに減少する善玉菌を活性化する「腸内メンテ」を実践してみてはいかがでしょうか。


― 調査概要 ―
回答数  : 630名
男女比  : 女性100%
年代比  : 20代後半11.4.%、30代前半38.1%、30代後半35.7%、40代以上14.8%
年代別回答者 : 20代後半72名、30代前半240名、30代後半225名、40代以上93名
調査期間  : 2014年7月※数値は小数点第二位で四捨五入


1.便秘と、ビフィズス菌について


■6割以上の女性が便秘に悩んでいる
便秘症状があるかについては「あり」と65.9%が回答した。20~40代の女性は仕事などで忙しく、不規則な生活を送っていることで、偏った食生活、水分不足、運動不足に陥っていると想定される。


■便秘によって生じる悩みは、「お腹のハリ」や「体重の増加」が多数。肌荒れを感じる女性も
便秘によって生じる悩みを教えてくださいという問いに対して、 お腹のハリ(膨満感)と答えた人が33.0%と一番多く、体重の増加20.6%、肌荒れ18.6%、お腹の痛み12.3%と続いた。便秘は「カラダ・体調」への直接的な症状を招き、「外見」にも影響が出てきてしまうので、体形を気にする女性にとって精神面にも悪影響を及ぼすと想定される。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング