免疫力をあなどるな!~健康な身体は「ボス細胞」でつくられる~ 2014年9月12日(金)発売

PR TIMES / 2014年9月12日 12時14分

テラ、先制医療の見地から免疫力向上による健康法を訴求

 テラ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢崎雄一郎、以下「テラ」)は、『免疫力をあなどるな!~健康な身体は「ボス細胞」でつくられる~』(価格1,400円・税抜き)を2014年9月12日(金)に株式会社サンマーク出版より発売いたします。



 この度、9月12日(金)に発売する『免疫力をあなどるな!~健康な身体は「ボス細胞」でつくられる~』は、健康な身体を維持するため、病気から身を守るために必要な「免疫力」の重要性を述べた書籍です。

 私たちの身体の「免疫力」の要ともいえる細胞が樹状細胞です。樹状細胞は、すべての免疫細胞を総動員させることができる司令塔としての役割を持つため、本書では樹状細胞を「ボス細胞」と呼び、その重要性について説明しています。また、ボス細胞の働き次第で、私たちの免疫機能は高くもなり低くもなります。このボス細胞を活性化し、細胞レベルで健康になる生活習慣について、医師であり、樹状細胞を使ったがんワクチンの研究開発企業の社長でもある、矢崎雄一郎が解説します。

 「ボス細胞の活性化による免疫力向上」による健康な身体のつくり方について、多くの人に病から身を守るための正しい知識を得ていただきたいと考えています。

【書籍概要】
・タイトル  :『免疫力をあなどるな!~健康な身体は「ボス細胞」でつくられる~』
・著者    :矢崎 雄一郎(テラ株式会社 代表取締役)
・判型    :A4変形サイズ
・総ページ数 :モノクロ198ページ
・発行    :株式会社サンマーク出版
・価格    :1,400円(税抜き)
・発売日   :2014年9月12日(金)

【目次】
・はじめに
・第1章 健康になる人とならない人の秘密
・第2章 免疫力を決定づける「要素」とは?
・第3章 免疫力は「ボス細胞」のコントロールで決まる!
・第4章 免疫力が高まる生活習慣
・おわりに

【著者:矢崎 雄一郎 プロフィール】
氏名     :矢崎 雄一郎(やざき ゆういちろう)
生年月日   :1972年1月27日
趣味     :読書、ジョギング、ゴルフ
座右の銘   :festina lente(ラテン語で「ゆっくり急げ」という意味)

<略歴>
2003年 :東京大学医科学研究所 入所
2004年 :テラ株式会社設立 代表取締役社長就任
2009年 :ジャスダック上場

【書籍出版にあたり 矢崎 雄一郎コメント】
 「免疫」という言葉は知っていても、どんな働きをするのかをご存知でしょうか。身体に大切な働きを担っており、免疫のシステムを理解してうまく活用することで、より健康でいきいきとした生活が送れるのに、知らないのはとてももったいない…。そんな思いから、かねてから多くの方に免疫の働きを知っていただく機会を作りたいと考えていました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング