IT資産管理ソフトとの連携により、不明パソコンが明らかになる!物品管理ソフト「Assetment Neo」が連携を拡大しました。

PR TIMES / 2014年11月20日 15時50分



社内資産の物品管理ソフト「Assetment Neo」を開発・販売する株式会社アセットメント(東京都豊島区、代表取締役古畑 剛 以下「アセットメント」)は、IT資産管理ソフトとの連携機能をバージョンアップで対応し、2014年11月20日より提供を開始いたします。

近年パソコンのセキュリティ対応は必須となっており、IT資産管理ソフトを導入している企業は多いかと思います。しかし会社の中に何台のパソコンがあるのか、所在不明パソコンはどれだけあるのか、など“正確”にパソコンの所在状況を把握している企業は少ないのが実態です。セキュリティの観点からすると、所在不明のパソコンがあること自体問題ですし、実態を把握していないことも大きな課題です。

そこでAssetment Neo ではIT資産管理ソフトと連携し、所在不明のパソコンを一目で把握できる機能をリリース致します。

Assetment Neo では、購入から廃棄までの管理機能を用い「本来、会社にあるべきパソコン」を把握し、IT資産管理ソフトでは、「現在稼働中のパソコン」を収集します。これらが連携することにより明らかになる差異が、所在不明のパソコンとなります。

………………………………………………
■所在不明パソコンを一目で把握
………………………………………………

………………………………………………
■連携効果
………………………………………………

例えばライセンス管理などでは、全パソコンを正確に把握していないと、必要ライセンス数を正確に算出することは出来ません。またIT資産管理ソフト未設定のパソコンやIT資産管理ソフトが停止されているパソコンがあると、情報漏えい時のログ調査や、USBメモリのデバイス制御などに対応することが出来ず、そこがセキュリティホールとなりかねません。

このような問題のある所在不明パソコンを、Assetment NeoとIT資産管理ソフトが連携することにより、一目で把握でき、IT資産管理ソフトをより有効に活用することが出来ます。

またパソコンの棚卸を行う場合、IT資産管理ソフトで収集できた機器はあるものとみなし、所在不明のパソコンのみ棚卸することで、大幅な作業減とすることもできます。

………………………………………………
■Assetment Neo とは
………………………………………………

Assetment Neoとは物品の現物管理を追求したソフトウェアで、購入から廃棄まで、業務に合わせた機能があります。棚卸機能には特に力を入れており、バーコードリーダーやRFIDだけでなく、スマートフォンによる棚卸にも対応しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング