Lookout、スマートフォン紛失に関する調査結果を発表: 5人に1人以上がスマートフォンの紛失を経験 紛失経験者の44%がスマートフォンのデータ回収に5万円支払うと回答

PR TIMES / 2014年11月18日 12時25分

~スマートフォンを失くしたことがある人で最も多いのは若年層で、都市部に居住する学生~

モバイルセキュリティ分野で最先端を行くLookout, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジム・ドルチェ、日本法人:ルックアウト・ジャパン株式会社)は本日、日本のスマートフォン保有者1,000人を対象とした調査に基づく新たな報告書「日本のスマートフォン紛失にまつわる事情(URLをリンク)」を発表しました。この報告書を通じてLookoutはスマートフォン紛失件数が増大している日本でよく見られる傾向を述べており、いつ、どこで、どのようにスマホを失くすのか、また回答者の属性による違いも明らかにしています。



モバイルセキュリティ分野で最先端を行くLookout, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジム・ドルチェ、日本法人:ルックアウト・ジャパン株式会社)は本日、日本のスマートフォン保有者1,000人を対象とした調査に基づく新たな報告書「日本のスマートフォン紛失にまつわる事情( https://www.lookout.com/jp/phone-loss )」を発表しました。この報告書を通じてLookoutはスマートフォン紛失件数が増大している日本でよく見られる傾向を述べており、いつ、どこで、どのようにスマホを失くすのか、また回答者の属性による違いも明らかにしています。

Lookoutは創業時からスマートフォンの紛失や盗難という問題を軽減するための中心的役割を担ってきました。Lookoutはマルウェアやスパイウェアといったデジタル脅威からの保護、個人データのバックアップに加えて紛失・盗難に遭ったスマートフォンの位置を検索できるようにすることを通じて、端末を物理的に守るだけでなく、その内部にある大切なデータも守っています。


回答者の属性で見ると、スマートフォンの紛失は年齢層と雇用状況で大きな違いが見られました。

18歳から24歳の回答者の約45%がスマートフォンの紛失を経験しており、うち15%は年に3回から5回紛失していると答えたのに対し、45歳から49歳の回答者では紛失経験があるのは12%で、その頻度は年に2回以内でした。
就業者の24%、退職者の10%と比較すると、学生では圧倒的に多い42%がスマートフォンを紛失しています。


スマートフォンを紛失したことがあると答えた人の45%が、公共の場所にスマートフォンを置いて、ついうっかり置き忘れたと答えています。スマートフォン紛失の典型的なパターンは、午後(12時から17時の間)、ショッピングセンターまたは公共交通機関で起き、そのプラットフォームは(当然のことではありますが)iPhoneまたはAndroidです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング