「経営層と企業不動産に関する調査」を経営層300人に実施 調査レポートのご報告

PR TIMES / 2014年11月25日 14時29分



 三菱地所リアルエステートサービス株式会社(東京都千代田区大手町2-2-1 取締役社長 伊藤裕慶)は、従業員規模100人以上の企業の経営層300人(※1)を対象に、「経営層と企業不動産(※2)に関する調査」をインターネットを通じて実施致しました。この度調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申しあげます。 


=調査結果ダイジェスト=
■「自社で管理・所有している企業不動産がない」もしくは「わからない」が約30%。
・「自社で管理・所有している不動産の有無」に対し、経営層の約30%が「ない」もしくは「わからない」と回答。企業不動産にはオフィスや支社なども含まれるが、約30%の経営層はその認識がなく、企業不動産に対しての理解が浅いことが分かりました。

■企業不動産の把握レベルについて、「重複拠点等余剰資産」が最も低い。
・「重複拠点等余剰資産」について42.2%が、「時価・簿価」について36.5%が、「最有効用途」について35.5%が「ほとんど把握していない」と回答。経営層の企業不動産の把握レベルが低い、ということがわかりました。

■企業価値の向上につながる「企業不動産(CRE)戦略」(※3)について、経営層の73%が「詳しく知らない」 と回答。
・企業不動産(CRE)戦略の認知度について、「詳しく知らない」が73%。
・「企業不動産戦略が、企業価値を高めることを知っている」という経営者がわずか15.7%と、経営層における企業不動産戦略の効果に対して認知が低いことがわかりました。

■「企業不動産(CRE)戦略が、経営戦略に活かせることを知らない」は約69.3%。
・「企業不動産(CRE)戦略が経営戦略に活かせる」ことを知らない経営層が69.3%と、現状では経営戦略に活かせていない、ということが考えられます。

※1 経営層は会長、副会長、社長、副社長、専務・常務級取締役、取締役、役員とします。
※2 企業不動産とは、本社、支社、工場、店舗、研究施設などの事業用不動産にとどまらず、社宅、福利厚生施設、投資用不動産、遊休地など非事業用不動産も含め、企業が保有する不動産です。
※3 企業不動産(Corporate Real Estate CRE)の管理、運用に関する戦略のことを言います。


【調査概要】
■ 調査対象 : 従業員規模100人以上の企業の会社経営者、役員以上の役職者300人
■ 調査地域 : 全国
■ 調査方法 : インターネット調査(調査会社の登録モニター活用)
■ 調査日時 : 2014年9月13日(土) ~9月15日(月)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング