【吉田たかよし博士特別セミナー】親子で知ろう!受験ストレス

PR TIMES / 2014年11月19日 15時33分

合格には医学的な対処法が必要

 一般社団法人日本メンタルヘルス研究センターでは、医学博士で本郷赤門前クリニック院長の吉田たかよし氏を講師にお招きし、2014年12月7日(日)13:30より新宿アイランドタワー20Fの「モバブ新宿」にて、受験生とその家族のためのメンタルコントロール術を解説するセミナーを実施いたします。



 「ストレスを征する者は受験を征する!」
 これは、受験生を専門に扱う心療内科医として、私が入試の季節を迎えると、毎年、痛感させられることです。
「ストレスは不快なものだけど、精神力で乗り越えればいい・・・」
残念ながら多くの受験生や親御さまは、ストレスに対してこうした認識しか持たれていないようです。
 でも私は、それは間違いだと断言します。
 ストレスが高まると脳の認知機能が低下し、試験での得点能力が大幅に悪化することは、多くの科学的な実験で明らかにされています。
 もちろん、合格を勝ち取るためには学力も必要ですが、本試験の最後の最後でモノを言うのは、受験ストレスを上手に対処する能力なのです。
 こうした現実を踏まえ、セミナーでは受験ストレスがどんなものなのかを知っていただき、心療内科学や脳科学を応用した効果的な対処法をマスターしていただきます。(医学博士 吉田たかよし)

【セミナーの内容のご紹介】
ストレスで応用問題が解けなくなる脳のメカニズムを解説!
 ストレスが高まると、2つの意味で視野が狭くなることが実験で証明されています。
 一つは、比喩的な意味での視野です。考えが及ぶ範囲は学術的には「思考の枠組み」と呼ばれているのですが、これがストレスによって狭くなるため、柔軟な発想ができなくなります。
 もう一つは、目で認識できる本当の視野も、ストレスで狭くなることが実験で明らかになっているということです。受験生がストレスを高めると、この2つの現象が同時に起こり、とりわけ応用問題の得点能力が集中的に低下します。
 近年、入試では丸暗記した知識の量よりも知識を使いこなす能力が重視されており、応用問題の比重が増す一方です。合格を勝ち取るために受験ストレスをどうコントロールしたらよいのか、わかりやすく解説します。

受験ストレスは夕食での家族の会話でわかる!
 「夕食はストレス・チェックのゴールデンタイム!」
 これは私たち心療内科医の間でよく知られている格言です。
 24時間の生活の中で、夕食は、本来、最もリラックスできるひと時ですね。だからこそ逆に、メンタル面の問題が表面化しやすいのです。実際、会話の中に焦燥感や不安感が現れることが多く、しっかりと観察すれば、受験ストレスの状態が把握できます。
 しかし現実には、勉強の時間を確保するため、夕食は無言のまま、短時間で済ませる受験生が少なくありません。これはストレス管理の上で、とても危険なことです。
 夕食での親子の会話を通して、どのように受験ストレスをチェックしたらよいのか、誰でも実践できる具体的な方法をご紹介します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング