【リーグル】新規顧客に訪問可能な商談獲得サービス「スゴイアポ」 12月15日サービス開始

PR TIMES / 2014年12月15日 12時55分

企業のマーケティングオートメーションをサポート!見込み顧客とすぐ商談ができる!

セールス/マーケティングのコンサルティングサービスを提供するリーグル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:野路 祐太郎)は、営業マンがすぐに新規顧客に訪問することができる、成果報酬型の商談獲得サービス「スゴイアポ」を12月15日よりサービスを開始いたします。



現在、ITの普及によりWeb経由の資料請求、Eメール配信、キャンペーンの申し込み、ホワイトペーパーのダウンロード、ソーシャルメディア上でのコミュニケーションなど、デジタルマーケティングにおける顧客接点はますます複雑化しています。そのような中、見込み顧客とのデジタル接点を統合的に管理し、自動的に顧客を育成していく「マーケティングオートメーション」が注目を浴びており、米国では近年年率50%以上の拡大を続けている市場となっております。

リーグルでは、米国のカリダスクラウド社の日本におけるパートナー企業として国内でいち早く「マーケティングオートメーションツール」の提供・販売を行っております。そして、この度、マーケティングオートメーションの効果を最大化するために必要な“見込み顧客のデータベース構築”をリアルでサポートするための商談獲得サービス「スゴイアポ」の提供を開始いたします。本サービスは、当社独自のデータベースを活用して企業の営業マンが商談の機会を購入することができる成果報酬型のサービスです。企業規模、業種、部門の指定ができるため、抽出したリストから商品を紹介し、役職者もしくは、売り込みたい製品を検討する担当者のアポイントを取得します。

今後はさらなるサービスの拡充を予定しており、年間100社の獲得を見込み、2017年までには500社のユーザー企業を目標に年間売上高1億円を目指して参ります。


【「スゴイアポ」について】

■注文から納品までの流れ
1. 戦略確認、ターゲット検討
商材からターゲットとなる業種、部署などをヒアリングし、納品物の確認を行います。

2. ターゲットリストの抽出
独自のデータベースから、ターゲットとなるキーマンを抽出。
以前から取引がある企業やターゲット外となる企業は会社名で判断を行い除外します。

3. アポイントの取得
データベースのキーマンにテレセールススタッフが商材を紹介し、「現時点でキーマンか確認」「連絡先の確認」「訪問し、商品説明は可能か」3点を経て、アポイント許諾を収集します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング