メディデータ、モバイルヘルス推進に向け GlaxoSmithKlineと提携し 臨床試験の最適化に向けた最新テクノロジーをテスト

PR TIMES / 2014年11月21日 12時1分

臨床試験の被験者管理、データ品質および運用の効率化におけるモバイルヘルスおよび クラウドベーステクノロジーの効果を共同で評価

ライフサイエンス業界向け臨床研究ソリューションをクラウドベースで提供するメディデータは本日、GlaxoSmithKline plc(GSK)と連携して実施した、臨床試験において、クラウドベーステクノロジーにモバイルヘルス(mHealth)機器を統合するときのインパクトを評価するプロジェクトが完了したと発表しました。mHealthツールの性能とともに、試験実施の迅速化とコスト削減で施設と被験者のニーズに応える新しい臨床試験実施モデルの実現に向けて、それらのツールをどのように使用できるかについても共同で評価したこの取り組みでは、mHealthテクノロジーは被験者の健康状態に関する情報をリアルタイムに、そして継続的に提供し、信頼性と安全性が高く分析の準備の整った膨大な量の客観的データを包括的に収集する性能を有すると示されました。

(2014年11月17日 ニューヨーク発報道発表資料抄本訳)
ライフサイエンス業界向け臨床研究ソリューションをクラウドベースで提供する世界大手のメディデータ(NASDAQ: MDSO)は本日、GlaxoSmithKline plc(GSK)と連携して実施したメソッド開発プロジェクトが完了したと発表しました。このプロジェクトは、臨床試験において、クラウドベーステクノロジーにモバイルヘルス(mHealth)機器を統合するときのインパクトを評価するものです。この取り組みでは、mHealthツールの性能とともに、試験実施の迅速化とコスト削減で施設と被験者のニーズに応える新しい臨床試験実施モデルの実現に向けて、それらのツールをどのように使用できるかについても共同で評価しました。

GSKのHuman Performance Labで実施されたこの共同プロジェクトにより、mHealthテクノロジーは被験者の健康状態に関する情報をリアルタイムに、そして継続的に提供し、信頼性と安全性が高く分析の準備の整った膨大な量の客観的データを包括的に収集する性能を有すると示されました。収集されたデータはすべて信頼性が担保されており、米国食品医薬品局(FDA)規制に準拠しています。また、今回の試みでは、モバイル機器が日常的な作業の効率化や不要作業の省略、臨床試験施設への来院回数の削減を実現し、参加被験者の負担を軽減するという、長期的目標の達成を支援することも分かりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング