「今までにない、ドライブに出かけよう」ライドシェア(相乗り相手)マッチングサイト「Hitch me」をリリース!

PR TIMES / 2014年11月20日 13時18分

旅行から何気ない車移動まで、ライドシェア(相乗り移動)プラットホームが誕生

合同会社セルフリー(東京都新宿区、代表社員:小俣隼人)は、ライドシェア(相乗り相手)マッチングサイト「Hitch me(以下、ヒッチミー)」を2014年11月20日にリリースしました。このヒッチミーのリリースにより、車の空席に相乗り相手を募集し、移動費を同乗者と割り勘して費用を節約しながら、車移動を楽しむことができるようになります。




「今までにない、ドライブに出かけよう。」

Hitch me公式サイト http://hitchme.jp

Hitch me紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=zZwbrc5urAM


●ヒッチミーの特徴

1.自分の車の空席情報と移動ルートを登録し、相乗り相手を見つけることができる。

ヒッチミーでは、車移動を安く楽しくしたいというユーザーが、「ドライバー」として移動ルートと移動にかかる実費内で空席一席あたりの金額を設定し、ドライブプランの登録を行うことができます。そのドライブプランに興味を持ったユーザーは「パッセンジャー」として待ち合わせ場所や持ち込む荷物の量などをドライバーと公開チャット上で交渉した後に相乗り申込を行います。ドライバーが申込を承認した場合、パッセンジャーは仮支払いを行い、移動日時当日に会うことができます。

ドライブプランの例:「名古屋に帰省するので、名古屋方面に用がある人は一緒に行きましょう」、「フェスに参加するので、同じフェスに行く人は乗っていきますか?」


2.安心・安全に利用できる。

ヒッチミーが、ユーザー・ドライブプランを監視し、すべてのやりとりを仲介します。ドライバーとパッセンジャーが直接金銭のやり取りを行うことはありません。ドライバーは事前にクレジットカードで仮支払いを行ったパッセンジャーだけに会うことができます。また、ヒッチミーは、実名登録制を取っております。加えて、本人確認書類の提出を推奨することでユーザーの不安軽減を図ります。また、ドライバーの方には車検証の提出を推奨しており、車両の安全性を確認します。ドライブ終了後にはドライバー・パッセンジャー間でお互いにレビューを登録することができ、ユーザーの信頼度を可視化しています。


3.好きな寄付先に寄付できる

ドライバーがパッセンジャーから受け取る折半金額の一部は、ドライバーが選んだ寄付先に寄付することができます。寄付する割合も10%、20%、30%、50%、100%の5段階から、ドライバーが自由に決めることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング