日本初!! 海外の絵本レンタルプログラム『WORLDLIBRARY(R)』がスタート!

PR TIMES / 2014年11月21日 13時57分

日本で未発表のここだけでしか読めない世界中の絵本を子ども達へ

レクサス(東名川崎)、イオンファンタジー(イオンレイクタウン店)などでテスト導入



 株式会社ワールドライブラリー(本社:東京都港区、代表取締役社長 野本貴久)は、カーディーラーやショッピングモールのキッズスペースなど、子どもが集まる空間に海外の絵本を設置することで、子ども達と世界を繋ぐ時間を提供する“日本初”の海外の絵本レンタルプログラム『WORLDLIBRARY(R)』を11月20日(木)よりスタートさせます。

 現在、日本の出版市場が縮小傾向にある中、子どもへの教育に良い影響を与える児童書の市場は安定しており、また子供向けの教育・サービス関連の市場も成長を続けています。さらに、2020年東京オリンピック開催に向けて子ども達の早期英語教育など、海外の言語や感性を学ぶ機会の増加が見込まれます。

 世界には国の数だけ異なった考え方、文化、言語がある中、絵本は世界中の子どもが読める(感じる)ことのできる共通言語と言えます。

 そこで株式会社ワールドライブラリーは各国の大使館など独自のネットワークを活用し、日本では販売されていない厳選された海外の絵本を翻訳して毎月お届けし、同時に回収まで行うレンタルプログラムをスタートします。子ども達はきれいな状態で海外の様々な絵本読むことが出来ます。また、設置店舗が絵本のショールーム的役割を持ち、その場での販売も可能となります。

 初年度は、300店舗の契約店舗、5年後には約10,000件の契約獲得を目標とし、常にどこでも子ども達の隣にある絵本棚を目指します。現在レクサス(東名川崎)、イオンファンタジー(イオンレイクタウン店)などでテスト導入がスタートし、今後も続々と設置場所が増える予定です。

 さらに、レンタルする絵本は、一定期間経過後、レンタル商品としての活用が難しくなった場合、絵本として価値があるものはクリーニング、修理を施したうえで地域の子ども達に寄贈します。そのため、導入店舗様は『WORLDLIBRARY(R)』リユースプログラムを通じて地域社会の貢献に参加することにもなります。

公式HP: http://www.worldlibrary.jp/

『WORLDLIBRARY(R)』概要
 『WORLDLIBRARY(R)』は絵本を通じて世界を子ども達に紹介する新しい取り組みです。
 具体的には、毎月1回、カーディーラーやショッピングモールのキッズスペース、幼稚園、小児科などに厳選された世界の絵本を毎月お届けし同時に回収まで行うレンタルプログラムです。
 絵本は世界中の出版社と直接契約し、書店にも売っていない、ここでしか読めない絵本です。
 また、設置店舗における什器はユーザーサービスと同時にショールーム的役割を持ち、最終的に物販へ繋げるビジネスモデルです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング